第二種電気工事士試験について

画像

資格 | 工学42閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

これは分かりやすいです。ありがとうございました。

お礼日時:3/2 13:57

その他の回答(4件)

0

>なんとなくは分かりますが実務をやらないと分からないのでしょうか?暗記するのも時間がもったいないなと思います。 「無資格者がやって良いこと」と「無資格者がやってはいけないこと」の線引きは、言ってしまえば、「人が決めたこと」です。→10年後にはルールが変わっているかもしれません。 もしその問題が出たとき失点したくないのであれば、ルールを覚える以外に 手はありません。 ただ、すべてのルールについて、同じように試験に出題される可能性がある、というわけではありません。 出題される可能性のあるポイントは、数が限られています。 過去15年分の過去問につて、「電気工事士法」の問題をおさらいすれば、それがわかるでしょう。

0

電力量計は電力会社の持ち物で一般用電気工作物の範囲外だからです。 もっと言うのであれば事業用電気工作物の中の電気事業用電気工作物の範囲なので資格はいりません。

0

法律ですから、覚えましょう。 実務をやっても、わかるようには、なりません。 法律は、法、施行令、施行規則の3つで、一組です。 参考書の解説で納得できなければ、ネットで閲覧できるので、 法律では、どう決められているか確認しましょう。

「合格すれば それでいい」 と言う事なら覚えなくても、かまいません。 解答見ながら繰り返しやって、合格点が取れれば良いわけですから。

0

惑わせる問題ですよね。 覚えることではありません。 正解60点で合格だから 気楽に対応してください。 あなたなら必ず合格です。