回答受付が終了しました

馬は大した武器も持ってないし体は大きく敵に見つかりやすいのに走って逃げるだけのように見えるんですが、

動物27閲覧

回答(4件)

0

まず背が高い分遠くが見えます。 それと走りです。 簡単に走るといっても走りやすさがないと速くは走れません。 馬の目は前を向きません。 だから足元が悪いと走りづらいんです。 背の高い草の草原も無理なわけです。 だからどちらかといえば平地で荒野 敵なら隠れずらいですよね。 そういう環境で進化したというしかないです。

0

あらゆる生き物は、野生で生き残るための武器を持っています。 草食動物の場合は、逃げたり隠れたりするための武器です。 馬の場合は、一つは脚の速さが挙げられます。また、非常に耳がよく、群れで行動します。群れ全体で周囲を警戒しながら、いざ見つかったら脚を使って逃げるということを繰り返して種族として生き残っています。 また、生息環境なども関係していると思います。種類がたくさんあるので一概には言えませんが、ある種類の馬が、ある環境で生き残っているのであれば、その土地にその馬を絶滅させられるほどの力を持った肉食動物はいないということではないでしょうか。

1

ウマはエピオルニスという中型犬くらいの動物が祖先ですけど、この時代にはディアトリマのような凶暴な鳥類もいて、追いかけられて蹴られて食い殺されていました。 であれば、小型で多産の方が有利だったはずです。 でも、彼らは蹄を1本にするという進化を遂げて大型化へむかい、さらに発汗という能力も持てて、速度とともに持久力、つまり逃げ足をゲット。 そのあとが重要で、ウマは人間と出会ったことで更なる大型化をします。家畜化された頃のウマはロバくらいのサイズだったようです。 それを飼い慣らし、品種改良を繰り返した人間の努力によってウマは今のようなサイズになったようです。今見られるウマは原初にはいなかった、あり得ないサイズなんです。 結論を言うと、人間に依存して生きることで絶滅を免れた動物です。 それに、完全野生のウマやラクダはもう、絶滅しています。

1人がナイス!しています

1

日本の馬は、馬を襲う肉食動物がヒグマくらいしかいなからですよ。そもそもヒグマは北海道にしかいませんし。 後ろ足は結構なパワーを持つ武器ですよ。そして家畜化によって馬は人に守られてますしね。絶滅することはないと思いますよ

1人がナイス!しています