智頭急行は採算は取れて廃線にならないのですか?

鉄道、列車、駅 | 政治、社会問題179閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(13件)

0

特急が走って、JRから乗り入れ料が入るので、儲かっていると思います。 北陸新幹線開業までの北越急行も同じ構造で(いまはさすがに厳しくなりましたが、かつての貯金でしばらく持つ)、ほかには伊勢鉄道が当てはまると思いますが、大半が盲腸線の赤字路線なのに対し、これらは優等生に当たります。

0

第三セクターの鉄道は地域住民のために 税金で赤字を補填しながら高い運賃とショボい設備で 細々と維持するのが 普通ですが、 智頭急行線は高速で走れる高規格路線として建設され 京阪神と山陰を 結ぶ特急列車を走らせることで 黒字を出して いる第三セクターの優等生です

1

元々国鉄所有の路線でしたが、採算が取れず廃止しようとしたところを地元が救い、第三セクターの会社として智頭急行が発足しました。 上郡〜智頭のみの普通列車は赤字ですが、倉吉〜京都の特急スーパーはくとは黒字ですので、それが赤字を上回り結果的に黒字になっています。

1人がナイス!しています

0

智頭急行鉄道は 「特急スーパーはくと」で 儲かっていますから。 「特急スーパーはくと」の車両は 智頭急行鉄道の持ち物です。 智頭急行鉄道は 「特急スーパーはくと」の 車両HOT7000系は、 智頭急行鉄道の持ち物です。 智頭急行鉄道は 普通列車は赤字ですが、 「特急スーパーはくと」で 儲かっています。

1

智頭急行は国鉄の時代に既に不採算路線として建設を中止された路線です。 この時に国鉄に見捨てられた路線です。 それでは困る鳥取県など沿線自治体の出資による第三セクター方式で設立された、第三セクター鉄道です。 単に存続することを目的とせず、鳥取まで高速道路が開通して高速バスが走り出しても優位性を保てるように、路線設計した結果が今でも黒字が続く路線として維持しています。 大阪・京都と鳥取を結ぶ特急「スパーはくと」。 岡山と鳥取を結ぶ特急「スーパーいなば」。 これが智頭急行の大きな収入源です。

1人がナイス!しています