真空管について、最近の中国管の品質は低下していると思いませんか?

オーディオ36閲覧

ベストアンサー

0

いやーそうなんでよねー。当時のサラダパンは(小さく刻んだハムが入ったキャベツのコールスロー)、揚げパンで60円。 それと40円の紙パックジュースを買って昼飯を100円で済ますために授業を抜け出すのは至難の業でした。 兎に角小遣いをケチって、電子部品を買ったものです。 今は福岡市に住んでいますが、豊田営業所での勤務が長く織機の購買部がサンバレーで、畑違いな物を売るとはビックリしました。 個人的には真空アンプキットの登竜門として、近くでもあるサンバレーのキットを購入しましたが、球は「shuguang」製のレプリカが殆どで、新品の球でもノイズが発生して聴くに堪えませんでした。 845なんか半年足らずでヒーターが焼損しました。 今でもサンバレー製のキットを購入していますが、理由としてはエレキットと違って全てのトランスは春日無線製で手配線。 面倒なシャーシの加工が無い事です。 勿論球無し注文ですが。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

毎回私の愚門にお付き合いいただきまして、ありがとうございます。 >製造は中国、ロシアだけではありません。 そうなんですよねー。 中国国宝と書かれた化粧箱入りのShuguang製で、イギリス占領化と思われる物は、GE製の6550の音質とは異なるのに音楽のジャンルにより甲乙付け難い物ですが、現行品の敢て言う曙光電子製は全く面白くない音質です。 それと、ロシア管で一番最低な物はスベトラーナ製です。

お礼日時:3/4 23:29

その他の回答(2件)

0

最近怪しげな球を使ったプリアンプが結構出ていますね。昔と比べて品質は向上しているのではないかと思いますが一部の管種だけかも知れません。300Bは管球王国で絶賛されていましたが。WEと刺し替えて日常的に聴けるとかなんとかでした。でも心情的には使いたくないです。 ロシア製でもソブテック以外にスベトラーナ、エレハモ等も有りますが中国製よりは信頼出来る感じはします。ソブテック製は結構使いましたがロングプレートの12AX7Aは外れも有りヒーターハムが出る物が有りました。他は知ってるだけですがスベトラーナは上杉アンプにも使われていた様なので大丈夫なのかなとは思います。

スベトラーナも怪しいです。 元々、大げさな”S"マークの印刷な無かったはずですが、 そのデザインで6550Cの"C"は時代的に有り得ないでしょう。 それと、派手なSマークが付いてから、発振しやすいのです。 405-8Hと409-8Eのボイスコイルが焼損して以来、絶対にスベトラーナ製は使わなくなりました。 このメーカーの球を使う限り、出力にターマー接点を設ける必要があるとは、音質劣化の元凶物です。