回答(2件)

0

1⃣-① 5億7000万は、1億を5個と1000万を7個あわせた数です。 ② 4兆は1000億を40個集めた数です ③ 1兆は9998億より2億大きい数です。 2⃣-① 右から読みますと0610-0432-9053-7ですので 一番左の数字は7兆ですから兆の位になります。 ② 10倍は右端に0を一つ付けるので 73509234001600(73兆5092億3400万1600) ③ 1/10は右端の小数点が左に一つずれて来ますので 735092340016(7350億9234万0016) 3⃣‐① 74602→75000 ② 329095→329000 4⃣-① 48129076→48000000 ② 53972→54000

0

[1] (1)1億を5個、1000万を7個 →5億7000万を5億と7000万に分けて考えます。問題では「1億が□個1000万が□個」と言うふうに書かれています。単位を消して考えたら楽かもしれません。5(億)は1(億)を何個集めたものか。ならば出来ますね。答えは5。次に7000(万)は1000(万)を何個集めたものか。答えは7です。よって答えは「1億を5個、1000万を7個」集めた数です。 (2)1000億を40個集めた数 →1000億が10個集まると1兆になります。逆に1兆は無理矢理億単位にすると10000億になります。では、4兆を無理矢理億単位に直すとどうなるか、40000億になります。序盤に述べた「1000億が10個で1兆」を使えば、40000億は1000億が40個と分かるので、答えは「1000億を40個集めた数」になります。 (3)9998億より2億大きい数 →(2)でも言ったように10000億で1兆になります。単純に10000から9998をひくと10000-9998=2になります。9998億が1兆(10000億)になるには、あと2億必要です。だから答えは「9998億より2億大きい数」になります。 [2] (1)1兆 →数は左に行けば行くほど大きくなります(数直線などは除く)。なので、右から「1(一) 10(十) 100(百) 1000(千) 10000(一万) 100000(十万) 1000000(百万) 10000000(千万) 100000000(一億) 1000000000(十億) 10000000000(百億) 100000000000(千億) 1000000000000(一兆)」と数えると最後は1兆になります。よって最も大きい数は1兆なので「1兆」になります。 (2)7350923400160000000000 →単純に、元の数7350923400160と10億(1000000000)をかけ算します。7350923400160 × 1000000000 = 7350923400160000000000に、なります。 (3)7350.923400160 →今度は(2)とは逆に7350923400160を1/1000000000(÷10億)します。0の数だけ小数点を左にズラします(最初の位が1の時のみ)。ちなみに小数点をずらすやつは、掛け算でも同じです。同様に最初の位が1の時は、割り算とは別に右に0の数だけ動かすことができます。なので、0の数は9個なので左に9個動かして7350.92340016になります。 [3]〜[4]につきましては、記憶が曖昧なため回答は控えさせていただきます。申し訳ないです。