西城秀樹の葬儀に

4人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!同感です!

お礼日時:3/3 19:24

その他の回答(7件)

0

それを言い出したら、当時のテレビで毎日のように共演していた山口百恵も桜田淳子もミーも沢田研二も同じですよ。活躍時期が被っていた松田聖子やたのきんも共演は多かったけど、参列してない。相方の石橋が通夜に出たのに秀樹をネタにしていた木梨やグッさんが参列してないのも腑に落ちない。 郷ひろみが参列したのは、彼の事務所のバーニングの社長が秀樹の葬儀を仕切った事、訃報に際して必ず「新御三家」と報じられた事から出席せざるを得ない状況に追い込まれた面もあるかなと。 まあ、言い出したらキリが無いですよ。結局は個々の判断ですから。

4

ご指摘並びにご懸念の点については、すべて御当事者の河合奈保子さん、郷ひろみさん、野口五郎さんの問題ではなく、メディアによる誘導が関係していると考えます。 こちらの知恵袋Q&Aに私が回答しましたように(個々のスタッフの単純な好みではなく)各メディアには企業として差別化するための独自色があり、それを元にして応援(ひいき)するタレントが決まっています。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11224788096 郷ひろみさんと野口五郎さんを応援する日本テレビ系、フジテレビ系、テレビ朝日系、テレビ東京系の各メディアは、新御三家の中で「人気」は郷ひろみさん、「実力」は野口五郎さんということを世間にアピールする一方で、逆に西城秀樹さんの「人気」や「実力」については世間の評価を下げるためにさりげなく批判しました。 郷ひろみさんを応援するメディアで、当時高視聴率を誇ったフジテレビ系が中心となり、平成時代に「言えないよ」「逢いたくてしかたない」「GOLDFINGER'99」の3曲をヒットさせた事を強調し、西城秀樹さんとは常に別格として扱いました。反対に西城秀樹さんの平成時代の御活躍に関しては、、日本人歌手の先駆けとなるアジア進出など、報道するに十分に値する功績がありましが、完全に無視して、アニメの主題歌「走れ正直者」のスマッシュヒット以外に目立った活躍はしていないという印象操作をしました。 西城秀樹さんがお亡くなりになっても、郷ひろみさんを世間から同列の様に見られないように、告別式には出席さない方向で当初は検討していましたが、世間の衝撃が予想以上に大きいため、やむなく参列させたのだと思います。 また葬儀の参列者が多ければ多いほど、その故人が高く評価される訳ですから、それらのメディアはなるべく参列者を少なくする様に、河合奈保子さんなどの関係者には知らされない様に誘導していたのではないかと思います。

4人がナイス!しています

3

河合奈保子さんについては、西城秀樹さんの御訃報が余りにも突然過ぎて、海外(オーストラリア?)で一般市民として生活されている御本人には伝わらずに、かなり遅くお悼みの言葉を手紙で綴られたという記事を、ネット・二ユースで読んだ(確かではありませんが)記憶があります。 西城秀樹さんの御訃報がこんなに大々的に伝えられることを、郷ひろみさんはおそらく当初想定されていなかったのはないかと、推察される御対応でしたね。 郷ひろみさんと野口五郎さんは、御弔辞で「ヒデキは本当に素晴らしいライバルで、同じ時代を生きた数少ない同志でした。彼の背中を追い続けて、これからも頑張って歌います」と綴られました。 当時この様な(↓)ご質問があり、その際に回答させて頂きましたが https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12193422932 その御弔辞の中で、どうしてこの様な受賞経歴に関する恨み言を述べられたのかが、腑に落ちませんでした。 (野口五郎さん)「1974年は『甘い生活』がヒットして下馬評ではレコード大賞の歌唱賞受賞が有力視されていたが、ヒデキが『傷だらけのローラ』で受賞した。」 (郷ひろみさん)「1978年のレコード大賞で新御三家の中で自分だけ候補に選ばれなかったが、それをバネに翌年頑張ったら『あなたがいたから僕がいた』で大衆賞を受賞できた。」 別の御質問に関してですが、ベストアンサーが決められていないようですので、宜しくお願い致します。

画像

3人がナイス!しています

3

「秀樹の妹募集!」でデビューした河合奈保子さんは、芸能界を引退、娘さんは女優ですが。 一般の人に戻ったので、出なかったと思います。 「新御三家」で一世風靡した3人なので、大きな写真が映像で見ましたが、出席しない訳には・・・・・・。 郷ひろみさんは、健康オタク?西城秀樹さんは、結構不摂生だったそうです。売り出す為に3人をまとめましたが、所詮ライバル!野口五郎さんとは、 交流があったそうです。

3人がナイス!しています

7

既に一線を退いてましたし、マスコミには一切顔を出していません 西城秀樹さんの葬儀に出席したらマスコミに追いかけられるのは目に見えてます、彼女の主義としてはそれを避けたかったのだと思います おそらく極秘に西城(木本)家を弔問したかと思われます、西城さんの家族にも固く口止めしているのではないでしょうか

7人がナイス!しています