ID非公開

2021/2/28 12:45

55回答

日本はなんで中央集権国家を目指したのですか?

歴史 | 日本史28閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

小国同士互いに利害関係を譲らず 争いが耐えんので、 次第に力がある大和朝廷周りの、 小国を、勢力下におき大きくなりました。 そこで組織を、狡猾運営するために 元来の、血族中心の組織体制より 天皇を中心にした中央集権国家に、なりました。 当時の先進国であった中国にならったものです 豪族の合議制から、法に基づいた 政治体制に、なりました

1

幕末にフランスが幕府側につき、英国が薩摩側についたということがありますね。薩長と幕府・親藩を戦わせ、借金漬けにした揚げ句、疲弊したところを飲み込もうとした。欧米列強が植民地を作る常套手段です。だから明治日本は伝統的な封建主義を捨て、暫定的には中央集権体制を敷かざるを得なくなった。しかし出来上がった官僚国家はもう元には戻りにくい。今の地方自治制度も名ばかりで、国からの財政支援に頼り切っている。知事も中央官庁の天下りポス地に過ぎないでしょう。先進国は普通はアメリカやドイツのように各州が独自の憲法や裁判所、場合によっては軍隊なども持つのが普通だが、日本はそうではない。中央集権制は国全体を腐らせてしまう。今の憲法はどうにもならない日本の自縄自縛である。

1人がナイス!しています

1

急速な近代化を遂げるためには、連邦制のような分権国家だと、 スピードにバラツキが出てしまい、効率的でないからです。 それに江戸時代に進んだインフレのおかげで、 国家財政は著しく疲弊をしていたため、資産を集中管理した方が、 コストパフォーマンスが高くなるからです。

1人がナイス!しています

0

幕府を倒して新政府を設立した人達は、徳川家を頂点とする「藩連合国家」のままでは外国の侵略に対抗できず、国力の底上げのためには中央集権化が必要だ、と考えたからでしょうね。