私は将来アニメーターもしくはアニメ監督になりたいと思っています。(できれば自分のアニメを作りたい)

将来の夢 | アニメ114閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

なるほど、制作進行という手もあるのですね。そうですよね、美術の教師も狭き門だとよく聞きます。どちらにせよ厳しい道だと思うので頑張りたいと思います!貴重なご意見ありがとうございます!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても迷ったのですが1番勉強になることを教えていただいた気がしたので選ばさせてもらいました!ありがとうございます

お礼日時:3/4 1:33

その他の回答(7件)

0

聴講なら全然できますし、研究室に行けば自分でやった課題とか見てもらえますよ。 どうせ大学生は暇なんで、教員免許や学芸員資格は取っておいて損はないです。 監督になるには、まずはアニメーターになるか制作進行になるかどちらかなので、絵が上手いならアニメーター、コミュニケーションが上手いなら制作進行になっちゃって、さっさと演出助手、演出に上がってみてください〜。

1

ID非公開

2021/3/2 9:49

>「給料が安かったりや過酷な環境で働かなくてはいけないという印象どうしてもが強いです」 給料が高い方が良ければ、貴方が給料の高い会社を選択して就職すれば良い。アニメーターが一律で安い訳ではありません。これは貴方の問題。 過酷な環境下で働く…というのは、事実ではありません。 基本的に、普通のデスクワークとあまり変わらない環境で作業します。 デスクワークを過酷と感じるなら、大学で学ぶのも教員の職に就くのも難しいのではないかと思います。 座っているのが苦痛なら、肉体労働系の方が良いのでは。

1人がナイス!しています

そうなんですね。私の努力次第では給料の高い会社を選ぶこともできるということですね。貴重なご意見ありがとうございます! 私の言葉不足ですみません‥過酷な環境で働くということが嫌というわけでないです!働いてお金をもらうということは、決して楽ではないことは心得ております。ただ、過酷な環境+低賃金となってしまうとバイトや親の資金援助受けれないので現実的に厳しいかと思いました。そこで保険と言っても簡単になれるわけじゃありませんが、教師という道も残しておきたいということでこういう書き方になってしまいました‥すみません 夢に近づけるように努力します!ありがとうございました

0

貴方が言っている美術学科って何?油絵日本画とか?デザイン系?それとも芸術学のこと? まぁ、どのみち、教職免許と就職の時期はバッティングするので よほど要領が良く、優秀な人でないと地獄を見ますよ。 まぁ、どのみち、アニメーター(アニメにもいろいろなカテゴリーが有るけど、たぶんジブリとかキメツのようなモノですよね)になる為の修練は普通の美大もアニメ専攻が有る美大も 自主練でしかやらないので問題はないでしょう。 ただ、アニメーターさんが自分の作りたいアニメを将来つくりたいと考えるのは ちょっと無謀な妄想なのかな、と思います。 作りたいなら監督など制作側に立ってアニメーターに指示通り描かせた方がいい。この場合は美大より一般大学の方が良いんじゃないかな。 、、、つまり何が言いたいのかと言うと、貴方がアニメを見るのが好きなのはわかるけど、夢として、何をしたいのかがサッパリわからないから、進学するにしても そこが良いのか悪いのかわからないんよ。 アニメは純粋芸術ではなく商業美術で、会社形態で商品として作られているもの。会社には社長さんとか営業、法務、経理、総務、デザイン、工員、販売、、、いろんな部門の人がいて、それぞれ出身の進学先が違うんです。

私が進学しようと考えているのは油画です!そうなんですね、それは知らなかったです。 他の方もおっしゃるようにアニメを描く側と話や演出つくる側で分かれているんですね。一般大学という選択肢も捨てずに残しておこうかと思います! 今のところ絵を描くのも大好きですし映像演出なども興味があるので正直どちらに絞るかはまだ決めれていない状況です‥実際やってみないとどちらが向いているかは分からないかと思うので、そこが1番の悩みどころですね。貴重なご意見ありがとうございます!

2

全然きにしなくて大丈夫です。自分の周りにも様々な学歴の人がいます。彫刻、油絵、陶芸、工業系など、質問者さんのように教員免許を持ってる人もいます。 ようは努力次第です!!頑張って下さい☺️

2人がナイス!しています

0

美大や芸大に入ってからアニメ業界に入るのをオススメします。 教員免許持ってても良いですよ。使うことがあるかどうかは分かりませんけど。 資格があると思うと頑張れるんじゃないですかね。 あとは出来れば音楽の素養があると良いですね。 というのも、アニメ監督はOP、EDの絵コンテを描きます。 渡された音楽のテンポに合わせて絵面を組み立てていきます。 音楽をやったことがある人は非常に上手い絵コンテを描きます。 音楽に合わせて動く絵のリズム、流れが良いんです。 アニメーターになる前に美大予備校などできちんと基礎画力を身に付けておくのが良いと思いますよ。 アニメ監督経験のある美術教員なんて良いんじゃないですか? 50歳、60歳になって現場の一線から退く事があっても、デッサンなどの講師ではなく、仕事に応用出来る実践的な講師として独立出来たり、大学に呼ばれたりするのでは。 アニメーションの勉強はアニメーターになってからでも出来ますからね。 美大に入るなら特にアニメ学科で学ぶ必要はありません。 心配であれば、美大に通いながら、アニメ私塾などのプロ養成コースなどに入って本格的なアニメーションの指導を受ければ良いと思います。 そんなに心配してませんが、何が心配なんでしょうか?

そうなんですね。音楽の勉強は目をつけていなかったですね!今後視野に入れていきます。 やっぱりデッサンなどの基礎は大事で無駄にはならないんですね。わあ、アニメ経験のある美術教員魅力的ですね!国隆さんの意見とても前向きで勇気が出ました!少し明るい未来が見えた気がします。ありがとうございます!