新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

就活生「内定がコロナ禍でまだ0社です」 という質問があったとします。 これについて

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん回答ありがとうございました。

お礼日時:2/28 18:52

その他の回答(3件)

1

減る新卒人口、改革迫る 22年卒、景気不透明でも争奪戦 一括採用・長期雇用揺らぐ 日本経済新聞 朝刊 2021年2月27日 2:00 [有料会員限定記事] 2022年春に卒業する大学生の採用活動が3月1日の説明会解禁で本格化する。新型コロナウイルス禍で景気の先行きは見通しにくいが、企業の新卒採用意欲は底堅さをみせている。今後、若者の人口減少のペースが速まり、新卒者が貴重になるためだ。少子化の影響が強まることを背景に、人材獲得競争はより激しくなりそうだ。 日本経済新聞社が20年10月にまとめた大卒採用調査では、主要企業の21年春入社の内定者数は前年春に入社した人に比べ1割強減った。だが持ち帰り需要、巣ごもり消費をとらえた小売り・サービス業やデジタル事業に注力する企業は、採用を増やす動きが目立った。 22年卒の採用は、21年卒から大きく悪化せず踏みとどまるとのデータがある。リクルートグループの調査によると、従業員5人以上の企業の採用予定数は1社あたり24.8人で21年卒(24.7人)と同水準だ。22年卒採用が21年卒より「減る」企業は11.6%あったが、「増える」とした企業も7.7%あった。 コロナ禍のなかでも成長中の企業は採用意欲が旺盛だ。生活用品メーカーのアイリスオーヤマ(仙台市)は大卒採用を20年度の204人から、21年度275人、22年度は330人に増やす。 見逃せないのは採用競争が今後激しくなると読み、いまから新卒者を積極的に採る動きだ。 110万人割れ推計 国立社会保障・人口問題研究所の推計によれば、10年代以降おおむね120万人台で推移してきた22歳人口は、24年118万人、25年115万人、26年113万人と減少を続ける。27年には110万人を割り込む。 30年に22歳人口は20年比で10.9%減る。減少率は総人口(5.0%)の約2倍だ。40年には20年比21.4%減となる。 タクシー大手の第一交通産業は21年2月から22年3月までに、乗務員を中心に新卒者を300人採る。内訳は「大卒・専門学校卒・短大卒」が200人、高卒者が100人。従来の新卒採用はそれぞれ年間約10人で、大幅増となる。「社員の高齢化が進み、若返りを図る。新卒の採用増は若年層の人口減の加速も背景にある」という。 アジア事業や技術開発に重点を置く日本ペイントホールディングスは21年、中途採用を20年比約3倍の250人に引き上げるほか、大卒が大半を占める新卒者も1割増の95人を採用する。「40歳代、50歳代の層が厚い逆ピラミッド状の社員構成の是正を進める」

1人がナイス!しています

1

コロナが理由で、と言いたいわけじゃないでしょう。コロナという理由もありと言いたいはずです

1人がナイス!しています