中学数学 高校数学

高校数学 | 中学数学35閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

1年は365日であって52週と1日なのですよ、つまり閏年でなければ元旦と大晦日は”同じ曜日”になります。ところが閏年では12/30が元旦と同じ曜日で大晦日は1日進み次の年の元旦は2日進むのです 2016-1-1が金曜ならば2017-1-1は日曜、2018-1-1は月曜、2019-1-1は火曜、2020-1-1は水曜、で2020-12-31は閏年だから木曜、2021-1-1が金曜 あなたに予言を授けます、2416年の元旦は金曜日となることでしょう (予言でも何でもない、ただの計算値なんですがね)

1

366÷7のあまりは2 365÷7のあまりは1 あまりを足して7になるのがいつかを考えます。 2+1+1+1+2=7なので2021年です。

1人がナイス!しています

0

閏年がなければ7年後に巡ってきますが、閏年の回数で1回ずれます。 2016年が閏年なので、次の閏年が2020年だから、1回しかずれることが ないので、2016年から6年後に再び1月1日が金曜日になります。 なので青海波2022年

0

1年は365日。 これを7で割ると1余ります。 この余りから、翌年の曜日が1日ずれます。 今年水曜日の日は来年木曜日になるということです。 しかし、うるう年はもう1日多いです。 2日ずれるので、水曜日が翌年金曜日になります。 うるう年がなければ七年で同じ曜日になりますが、うるう年があることで少なくなります。 2016年と2020年がうるう年なので、 7-2=5年で金曜日に戻ります。