占いが当たると信じる人の心理はなんなのでしょうか。私自身占い自体あまり信じないのですが、占いの価値を説明できる方いますか?

占い | 心理学58閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

当たってました!なんで?(笑)

お礼日時:3/6 2:06

その他の回答(7件)

0

もともと論理的な思考が苦手で占いがデタラメであることが 自分で考えて理解できない人がたまたま占いが当たったとき 占いが当たると信じてしまったのだと思います 占いの価値なんて占われる人には何もありません その時のデタラメ占いで一喜一憂してるだけです 唯一の価値は占い師が金を儲けることができることです

1

心理というか実際に当たった経験があるから信じているのでしょう。占いは個人的に価値観の押し付けと確率の問題かと思われます。例えば簡単に言えば、あなたは来年に良いことがあるでしょう。と言われたときに論理的に考えてみると1年は365日あるので確立としては365回チャンスがある訳です。といった具合です。価値観の押し付けの点で見ると例えば、あなたは来年キャリアとして成功するでしょう。と言われたときに、私は来年成功するんだ!と思いますよね?それが自己暗示となり自己肯定感が高まりそれが行動に反映されて実際に成功したときに、あの時の占いは本当だったんだ!となる訳です。言葉の力は絶大です。

1人がナイス!しています

0

占いを信じなくても良いですし、使わなくても構わないと思います。 私は占いは「杖」のようなものだと思うんですね。 使わなくて良い人には無縁のものだけれど、必要な人には便利この上ない だけれど杖が自動操縦で何処かにつれていってくれる訳ではないですよね 何処にゆくのか決めるのも歩くのも自分自身。 杖が歩行の補助道具であるように、占いも悩みという名の混沌の世界を歩く為の補助道具なのだ、と私は思います。 占いは科学では説明出来ません。統計学でもありません。 未来を完全な形で予知する力も、願望を実現するような力も持っていません。 それでも本気で悩んだときの道筋を得る為に真剣に占いをすると、笑っちゃうくらいにズバっと示してくれるんですよ。 そりゃもう気持ち良いくらいに。 占いの価値というのは「必要な人」にとってのものですから、あなたにとって価値があるかは別です。必要なければ価値はないのは、言ってみれば満腹な状態でご飯やさんの前を歩くようなものと何ら変わりはありません。

0

占いは参考にする物です、証拠の無い参考書ですね。 なので参考にするしないはその人の自由です。 人生迷いの多い人ほど参考にしたがるものです。 占いとは違いますが政府の高官などはより多くの人の意見 を参考にします、それと似ていますね。