【文法の説明をお願いします】

英語 | 言葉、語学13閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:3/3 22:35

その他の回答(2件)

1

①providedについて このprovidedは接続詞みたいなものです。もともと分詞構文ですけど。 provided (that) S V「~ならば」 =if S V ②主節の構造 bring A before B「AをBに持ち込む」 Aが長いのでbefore Bと位置が逆転し →The state may bring before the council A. 「その国はAを総会に持ち込むことができる」 これが主節の基本的な構造です。 ③目的語 上の文でAと書いたのは、 >a dispute to which it is a party この部分です。これには<前置詞+関係代名詞>の形が使われています。 be a party to Aで「Aに関係している」という意味がありますので a dispute「問題」 + It is a party to it.「自身(the state)がそれ(the dispute)に関係している」 この2つを関係代名詞を用いて繋げると →a dispute to which it is a party 「自身(=the state)の関係している問題」 の意味になります。あなたの挙げた和訳にはこの関係節が訳出されていないみたいですね。

1人がナイス!しています

1

the state may bring (before the council ) a dispute to which it is a party, 「before the council」は副詞句で、述語動詞「may bring」と、その目的語「a dispute」の間に割り込んだもの。 provided it accepts (in advance) the obligations of peaceful settlement. , providing は「if...」と同じ、文語的言い方。 「in advance」が上と同様に副詞句で、述語動詞「accepts」と、その目的語「the obligations」の間に割り込んでいる。 ※obligations のスペルミスに注意

1人がナイス!しています

上記のように語順に沿って意味をくみ取っていれば、今回の疑問は生じないものなので「後ろから訳す」のようなことをしているのではないかと危惧しています。