ID非公開

2021/3/2 23:43

22回答

悪夢障害について質問です。

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

悪夢は、現実の問題に対応するためのシュミレーション装置みたいなものです。直接的に殺される未来が来る、という意味ではないです。 少しでも起きているときに不安を感じると夢は過去の記憶からいろんな情報を引っ張ってきて舞台装置を作り上げるだけです。 なにか現実に対処しないといけないストレスがありますよ、的な意味であんまり内容自体に意味はないです。 悪夢を見ないようにするには社会の仕組みとか、自分のまわりの人間関係をよく観察して、自分の中で全体像がわかるように、ただ『知る』とう作業をしてじぶんなりの現実への対処の仕方を学ぶだけです。 わからないものが多すぎるから、起きているときに怖いと感じて 眠っている間に正体不明の怖いものに追いかけられています。 夢の見た目は間接的には関係していても、直接は関係がないです。 私も35年以上、毎晩悪夢は見ました。とても迷惑なことに毎晩4本立てでした。はっきりと記憶が残って何日経っても薄れなかったです。脳波を取っても異常なし。MRIも異常なし。精神安定剤も頓服も効果なしでした。 覚えているかどうかはエピソード記憶の力が強いからで、他の人は見ても忘れられるだけです。長年いろんな友達の夢の話も収集しましたが、みんなは見ていても覚えていなかったり、すごく単純な構造の夢しか見ないみたいです。ずっと夜が来るのが怖かったです。でも、何が怖いのかわかってからは見てもそこまで怖いと思わなくなって、殺され続ける痛みもリアルではなくなりました。恐怖や痛みさえ感じなければ、悪夢もただの体感型の映画のような感じになります。 『幽霊の正体見たり枯れ尾花』 起きているときの怖いものの正体を把握して、悪夢のほうではなく、現実の方に対処できたらいいです。 不安なときはササミとか魚肉ソーセージとか牛乳とかのタンパク質とかバナナみたいな果物系を取ってみてください。効き目ははっきり言って…そんなにないけど精神安定剤程度の微妙な効果ぐらいだったら…ある…ようなないような…薬と違って害の部分はほとんどないので…体質とか基礎疾患とか、食物アレルギーがあったらありますが…気休めには…。

というのが一般論としての意見で、とてつもなく要らないことも言っておくけど、その夢が現実になる可能性があるから私達は更新プログラムを書くために夢を見ていると思っています。 私達の現実の世界がよく見えない目よく聞こえない耳は、エデンを見ているからで他の人とは違うものを見ています。 エデンの林檎を食べるとエデンから追放されて本当は普通の人にはこの世は暗闇で人の気持ちがわからないから他人を傷つけても平気で居られるようになります。 うるさくてたまらないのは、泣き叫んでいる人たちの声。私達はみんなが仲良くするための更新プログラムを書くために特化した普通の人間です。 他にも同じ感性の人はたくさんいて小説、音楽、映画、アニメ…いろんな表現方法をしています。イエス・キリストもブッダも同じ系統の人です。天国も地獄も死後の世界ではなく今現在のこと。他の人の目には地獄が見えていないよ。だから気にならない。