五等分の花嫁∮∮8話で、混浴にズカズカ入ってきて「友達ならこれくらい」って言ってたのって、本当に五月なんですか?

アニメ56閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど!遅くなりましたが、ありがとうございました!

お礼日時:6/18 9:36

その他の回答(2件)

0

混浴しようと入ってきたのは間違いなく五月本人です。声も、担当声優の水瀬いのりさんです。 あのシーン思い出すと、壁越しにお互いに暗号を言い合って意見交換をし、五月は風太郎を「友達」と認めます。周りの姉妹が風太郎に心をひらく中で、五月もそれを口にしたという事ですね。 そんな五月ですが、元々、ちょっと不器用で不用心で抜けている所がある子なんです。 これ以前の話をおもだしてみてください。家出をした五月が風太郎の家で1つ屋根のした寝泊まりをしたりしていますよね。 美人でかわいく、そしてスタイル抜群の女子高生が、男子高校生の家に転がり込んで寝泊まりしたりするでしょうか。 つまり五月というのは、風呂場で「友達」と口にするまえから、風太郎の事は親友ポジにおいていたわけです。 そんな気持ちがあったこと、過去にも風太郎には(実は)心を許していた部分があるという風に考えられる事、そんな事から、風太郎への気持ちを表現するにあたって、あんな風に風呂場に突撃しちゃったわけですね。 そうしたとしても「風太郎は五月を襲ってこない、だって友達だから」という発想が五月の思考ロジックなんです。 家庭教師の先生だから恋愛には発展しないから、友達同士だから恋愛には発展しない襲っても来ない、こんな心境の変化を描いたのがあのシーンという事になってきます。

0

思い切りは以外も三玖もいいから三玖だと思う。 五月ならもう少し緊張したような感じになるはず。