ID非公開

2021/3/3 10:56

77回答

息子が児童相談所に通報されました。

補足

訂正:4行目、追っかけられました。 帰宅は駅から自転車で真直ぐ寄り道せずに帰っています。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

こちらは近所付き合いがある。包囲網を構築中です。

お礼日時:3/5 18:48

その他の回答(6件)

0

お子さん さぞ怖い思いしたでしょうね。 その手の患者(間違っていないのであれば)は大体家に周辺で悪さします。 2F自室から下校途中の小学生に対して石を投げつけ奇声を発していたり… 兎に角、平気で危険な行為 自転車で追い回す 大声で怒鳴りつける (今でこそYouTubeに沢山載ってますが) をしますし、そこに意味はありません。 ただ一つ解せないのは 一週間後、児童相談所の二人が来て、夜遊びしている未成年者がいると連絡があったので訪問に伺いました ↑ の件 【夜遊びしている未成年者がいる】 を100歩譲って解釈しても、児相の職員の業務の範疇を超えていますよ?! 【夜遊びしている未成年者】 を注意するのは、所轄の警察署の生活安全課です この件で出張る児相も阿保な気がしますが… 警察に事案に確認をしたら【不審者情報】として流している事実は伝わるでしょうし。 そもそも畑違い。 虐待行為でも通報され、または警察や病院からの通告を受けて家庭訪問なら分かりますが…本来の業務以外の事をやってる訳で、相当暇だなぁと言う認識です。 よって ①に関して 今回の様な件で児相に電話するのはただの阿呆です。 深夜徘徊程度で児相はあり得ない 更に 正当な理由がある場合 23:00以降でも深夜徘徊には該当しません。 そしてこれらを取り扱うのは 警察署の生活安全課です。 児相に連絡するのは最近の中高生が…以前に常識が分からないのでしょう。 ②③に関して すみません、 質問の意図が理解できず 【電話しろというコメントをいくつか見かけ】 と言うのがどういう状況でなのか?想像出来ず回答が難しいです。 どんなコメントがどんな内容の際に送られたのでしょうか? 結論を言えば 怖い思いをしたお子さんは 咎められたり怒られたり 深夜徘徊の履歴が残ったりというのはあり得ないです。 怖い思いをさせた男を 本来なら措置入院などの手続きを考えるという事だろうと思います。 そしてこの件に関して児相の出番は無いです何で訪問したのか?逆に聞いてみたいくらいです。

0

お子様もさぞ怖かったでしょう。 親としては塾に通わせ夜遅くに疲れて帰ってくる息子さんに何してくれるんだっという 思いでしょうし、ましてや虐待なんて失礼でしょうと思われたのでしょうね。 私も子供がいますがもし自分だったらそう感じますし、犯人を突き止めようと行動に出ることは、危険ですが親としての責任の範囲内で動いてらっしゃるかと思います。 でも、子供を守ってあげられるのは親だけです。守るというのは、犯人を怒鳴ったり傷つけたりする事ではなくてそういう事態が今後起き無いように、お子様と向き合う事なのではないかと思います。 私の範囲でも何件も不審者出ており、 実際に変な人に付き纏われ危害を加えられたわけでもないですが心配で警察に通報したこともあります。実際、その人は危害を加えるためでなかったかもしれませんが、私は間違いだったとしても、通報しておくべきだと思っております。 どうか、お子様の気持ちが晴れますように。。

0

まあ、高校生だけでなく大人でも、奇声でも発していない限り、関わってもいない通りすがりの人を一々不審者なんて思う人はいないだろうし、普通の人は通報ごっこ遊びなんて頭の中にすらないと思います。 1から3までの回答ですが、そんな人は私の周りにいないし、聞いたこともありません。つまり、そういう人は世間と接していない極一部の変質者だと思います。人の足を引っ張りたいのでしょう。 大卒、無職転職経験なしの持ち家妻子持ち、子供を通しての交流はありますよ。自治会の付き合いはウザいけど。 無差別○○とか、通り魔事件を起こす人は大抵精神科通院歴とかがあります。彼らにとって周りの人は敵、行為は自己防衛として正当化します。関わらないように注意が必要です。

1

貴方が常識もないバカ親だとわかる内容 自己中ママは子供が出没場所を把握してるなら 以前から遭遇してたんでしょう? 子供から報告がなくて知らなかった? 子供が暴言吐かなかった? 回避できたでしょ? 知らなかった貴方にも責任がある

1人がナイス!しています

この返信は削除されました

1

不審者がいるなら親が帰り道を寄り添うなどしてください。あとはなにかあれば通報すればいいです。気をつけてください。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/3/3 15:29

以前は不審者としてではなく、その男が家の前によく立っているなあ、と認識していただけだそうです。