大阪維新の会が広域一元化条例(私の認識では簡易版都構想)をしようとしていますが、それに対しての吉村知事の言い分が、

2人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

>もし仮に僅差で賛成多数になっても、反対派も多くいたから(例えば)大阪市という名前は残すねということは絶対にならなかったと思います。 そりゃ、否決の側の意見を聞くことで可決側の意見を真っ向から否定するような意見は聞けないと言うのは当然。 都構想の住民投票、正確には「大阪市を廃止して特別区を設置する住民投票」なのだから、これが可決されていれば大阪市が廃止されていたのだから大阪市という名称を残すのは筋が通らないし意味がわからない。 ただし、反対派も多くいたから大阪市は廃止して名称もなくなるだろうが、可決側の意見を真っ向から否定しない部分においての反対派側の意見を聞ける部分は当然ある。 反対派側の全員が大阪市の名称を残して欲しいから反対したというわけではないのだろうしね。 >住民投票で決まったことの解釈を好き放題して、自分たちの思い通りにやることは認められるのでしょうか。 別に好き放題に解釈はしていないな。 きちんと民意の動向を見て行っているだけの話。 住民投票後の世論調査において、大阪市を残しつつ二重行政の解消や広域行政の一元化に関しては賛成42%・反対26%と賛成の割合が明らかに多い。 また、大阪市の24の行政区を8つの総合区に再編する案については、「賛成」「反対」ともに38%前後で拮抗していたために、議会においては今回取り下げているしな。 https://www.asahi.co.jp/webnews/pages/abc_9102.html (ABCテレビ・JX通信社) 逆に住民投票で決まったことの解釈を好き放題して、アナタの思い通りにやらないからって文句をわめいても認められない。 大阪の多数の民意の支持をうけている維新や吉村知事の言い分が認められるというだけの話。 これが認められないというのであれば、次回の選挙で吉村知事を落とすか議会での維新の議席を減らして、条例案を廃止すればいいだけの事で至極簡単な理屈。

もし賛成多数になった場合の反対派への配慮の例えとして大阪市のを廃止しないというのを言ったまでです。そんなことも分からないならコメントしないでください。 維新の支持者の方って議員のコピーかのように、嫌なら選挙で落とせっていいますよね。まあそれはそうなんでしょうけど、じゃあ次の選挙まで好き放題してもいいと言うことにはなりませんよね。 そもそも二重行政は悪だとイメージ付けるだけでろくに説明せずに進めてること自体が論外ですね。

2

大阪都構想の本当の目的は大阪府が潤沢な大阪市の財政を奪いカジノに流用したいからともいわれいますよ。 どちらにせよ財政を奪われたら市のサービスの低下は免れ無いと思うし今回のコロナ禍で病院や保健所を削ったことが医療逼迫の遠因になったと思い知らされたと思います。 当然税金は増えることはあっても減るわけではないので市民にとってはいいことなしだと思います。

2人がナイス!しています

0

住民投票は法的拘束力があるので僅差だからと言って大阪市を残すのは無理です。住民の感情に配慮して区の名前は残すことになっていました。 住民投票時、大阪市民には選択肢が3つありました。 ①都構想で二重行政解消(維新・公明) ②都構想によらずに話し合いで二重行政解消(自民) ③二重行政解消不要(共産) 投票の結果、①が約半数であることが分かりました。これは②を含めると二重行政解消を望む市民が大半であることを示します。その民意を実現するための条例です。 と言っても、一元化条例は副首都推進本部という、すでにある組織において成長戦略を進めていくというものですから、これが可決されたからと言っても、やることは今と変わりません。ただ、この仕組みを変える場合には条例を破棄する必要があるので、選挙の際に争点になるという意味で二重行政復活の抑止力になるということです。まさに自民党が言っていた「都構想ではなく話し合いで二重行政を解消する」わけですから自民が反対する意味が分かりません。