ID非公開

2021/3/6 10:49

99回答

禁断の化石燃料に手を出してやめられない人類。 まるで麻薬中毒の人間のようですね。 このままだと温暖化などで環境破壊が進んで

補足

未来のことは誰にもわかりません。 このまま人類は発展して新たなエネルギーを手にするかもしれないし 本当に農耕や牧畜で暮らすようになるかもしれないです。 ただ間違いなく言えるのは、 未来は誰にもわからないということ、 そして資源は無限ではないということです。 だからこそどのような未来が来ても 未来の人が困らないようにしないといけない。 そういう視点で物事を考えられませんか?

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/3/6 12:10

もちろんCO2は発生しますよ。 地球上のトータルCO2に影響を与えないという意味です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

あなたの回答が一番面白かったです。 薪を燃やすと出るCO2は光合成で吸収した分で 地上のCO2総量に影響を与えません。 そんなこといちいち書かなくても 常識だと思っていたのですが 説明すれば良かったですね。

お礼日時:3/6 19:06

その他の回答(8件)

0

薪だと、世界中のエネルギーを潤すのに何トン必要ですか。それを生産する森の面積はどれくらいですか。 計算したこともなく、思い付きで言ったのですか。

ID非公開

質問者

2021/3/6 17:35

考え方が逆です。 今の生活そのままできるわけないでしょう。

0

→ 悪いんですが、でもですが、石油石炭は、大事な大事なエネルギー資源なのですよ!これは否定し難い事実です。石油石炭は、生き延びる為の燃料なのですよ!無いときは凍え死ぬ運命ですが、それでいいいんでしょうかね?駄目ですよ!凍死したくなんかないのですよ!本当です。本当の科学的な事実ですよ!こういう風な簡単な事実?をも理解は出来ないんでしょうかね?不思議なひと?ですね?ですよね?ですよ!

画像
0

人間活動に拠るCO²などは大型火山の爆発1つで消えてなくなる程度の たかが知れたものです 現在の地球温暖化は90%以上が太陽活動によるものです 恐竜が跋扈していた地球は今よりも高温でありCO²も高濃度であった為 あれだけの大森林が出来上がり現在の石炭の元になっているのです 今では日本でも寒冷の地とされる青森県にある三内丸山遺跡は縄文時代 前期の青森が今よりも高温であった事をハッキリと示しています 此の大規模集落が衰退したのは寒冷化によるものという説が有力です

0

二酸化炭素を出しても南極のドライアイスが増えるだけ。 しかし、原油は地殻とマグマの間の空間にあるので、抜きすぎると地球の体積と表面積の比率が変わり地震を誘発しますね

0

心配ないと思います。 米の主要生産地がモンゴルや北欧になり、白ワインの生産地がシベリアになる。それくらい温暖化が進行すれば、農産物の収穫は激減し、酪農も壊滅的な打撃をうけます。 けれど、地球環境の悪化の元凶である、人類も絶滅にちかい打撃をうけます。 つまり、ノアの箱舟の再来とおなじ歴史が繰り返される。それだけのことです。白物家電や、車やパソコンや、シャワートイレなど、文明の利器とは無縁の、次世代の人類が繁栄していくことになる。 それも選択肢のひとつだ、と思えばいいのではないでしょうか。 上級国民の階層の方がたは、農耕、牧畜・・そんな生活には、戻る気にならないと思います。

ID非公開

質問者

2021/3/6 12:17

本当にそうでしょうか。 このままだと次世代の人類に残される環境は コンクリートやアスファルトで覆われ 掘れば埋められたゴミだらけ、 とても農耕には適さない土地ばかりになるのではないですか?