EUでドイツが何故指導的立場なんでしょうか?

国際情勢 | 世界史57閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(6件)

0

EU加盟国のうち裕福な国は毎年、巨額の拠出金を払い込まないといけません。ドイツは年間2兆円ぐらい払ってて、東欧のインフラ整備や農業補助金などに使われてます。 ○独、EU予算への拠出金倍増求められる https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51478230Y9A021C1000000/?unlock=1 ODA(政府開発援助)も日本より1兆円以上多く払ってますから、EU域外でも存在感有りますね。 ○日本のODA、世界4位 2018年は1兆5千億円 https://www.google.com/amp/s/www.asahi.com/amp/articles/ASM4C5DPGM4CUTFK012.html 但しドイツのODAの一部は国内に大量に受け入れた中東難民支援に使われてます。 ○ドイツ、給付金受給の移民が2.7倍に急増 https://www.google.com/amp/s/jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPKCN11C09E

0

そうですね 本来EUはドイツを抑え込む為のシステムでした 2度の大戦の主役はドイツ かといってドイツが壊滅したら貿易する国々が困る なのでドイツを復興させつつその力が暴走しないような形が必要でした その上で 05年の東欧諸国加盟が大きかったと言われます もともとこれらの国々はドイツとつながりが深い また彼らが発展するためにはドイツの資金やハイテク製品が不可欠です つまり東欧諸国の加盟でドイツからすれば市場が開けたわけです また リーマンショック前の好景気で南欧諸国が経済的に繁栄的をしました しかしドイツは不景気 なのでドイツは彼らに物を売っていました そしてリーマンショック 南欧諸国が疲弊する間結果的に力を蓄えていたドイツが経済的に彼らに強い影響を与える格好となりました 要するにドイツの経済力にEUが依存する格好となってしまったわけです 特に ユーロ統合は貿易面で見るとドイツ製品と他のユーロ圏の製品が互角に渡り合うことを意味します 普通は強い国の通貨は割高になり、結果として価格がつり上がってしまいます https://www3.nhk.or.jp/news/special/german-election-2017/german-strength/ それを可能としたのがいわゆるハルツ改革です つまりドイツは伝統的に失業率が高い(例えば統合後しばらく失業率は10パーセントを超えていた じゃなんで?となると手厚い福祉があるので、安い賃金で働くよりそっちを利用した方がいいという人が多かったからです 要するに国民は「安い給料で働く」か「ニートやって社会保障をもらう」かと選択を迫られているわけです それを社会保障を受けつつ働けるようにしました 結果として多くの人が社会保障を受けつつ働くようになります ドイツ経済からすれば安い労働力が大量に参入した格好です それを駆使してユーロ圏市場にガンガン輸出したわけです

回答ありがとうございます。 ということは東欧の諸国民もドイツやオーストリアといったドイツ語圏との兼ね合いからドイツ語を習得している方が多いのでしょうか?

0

理由は「EUでドイツが経済的に勝ち組だから」です。 他の回答者も言っていますがドイツの経済力はEU内部では圧倒的な勢力を誇っています。そもそも、ユーロという共通通貨が誕生したのもドイツの旧通貨であるマルクがあったからです。ドイツ経済力の裏付けがあるマルクがユーロに加ったことによって、ユーロの貨幣的な信頼度が格段に上がりました。 ドイツがEU内部で経済的に勝ち組なのは比較的有名な話です。先述の経緯からドイツマルクがユーロに加入しなかったら、ユーロという通貨は存在できなかったと言われるほどドイツ経済力は強固です。 詳しく話すと長くなるのでしませんがとあるドイツ国内企業が現在深刻な経営危機に陥っているのですがその企業が倒産すると経済的に大変なことなると言われています。その企業はギリシャ危機の時に本当にヤバかったので必然的にドイツが主導してギリシャを支援しました。 ドイツは軍事的な影響力は大きくありませんが共通通貨のユーロに多大な影響を与えているので必然的に大国フランスを退いて、ドイツが影響力を持っています。ドイツ経済が死んだらユーロを使用している国は共倒れすると思います。

0

軍事力? いつの時代の話ですか? 現代、軍事力なんて指導力とは関係ないでしょう かつてギリシャの経済危機の際にイギリスを含むEU各国でアンケートを取った際 最も信頼できる国はとの問に ギリシャを除く各国はドイツを挙げた ドイツはナチス時代の後悔から世界で目立つような行動を避けている ドイツ自身は国連の常任理事国になりたいだと主張したことは一度もない 勝手に日本が常任理事国になりたいから自国だけを主張すると批判を浴びるため、ドイツを含めて主張しただけ 国際的機関での共用語としての言語は英語でよいのでは?

0

EUのなかでは、ドイツは最も大国になります。 人口はドイツ8,200万人、フランス6,400万人、イタリア6,000万人です。 経済力もドイツが頭一つ出ています。 ドイツ4兆ドル、フランス2兆7,000万ドル、イタリア2兆ドルです。 最も重要なのは、リーダーの資質です。 ドイツのメルケル首相は有能で在任期間も長く、圧倒的な指導力でEUをリードしています。メルケル首相はアメリカやロシアの大統領と堂々と向き合い、対等で国際的な強い発言力を持っています。 この点では、ころころ変わるフランスやイタリアの大統領はメルケル首相にはかないません。 メルケル首相は今年退任する予定ですが、メルケル首相がいなくなったEUは今まで通りの発言力を持つことができるか疑問視されています。