人類は何度か滅ぼされていると思うのですが、それは有り得ますか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(7件)

1

どういう意味で言っているのかによりますが、確かに人類は何種類も滅んでいます。サピエンス属の類人猿は多いときで20種類はいたとされていますが、現在はホモサピエンスの1種類だけです。つまり他全部は絶滅しています。私達人類だけが滅びずに生き残りました。

1人がナイス!しています

0

ホモサピエンス以外の人類は、全て滅んでる。 たとえば、ネアンデルタール人やホモエレクトスなどなど、ぜんぶ滅んじゃった。 あと、我々ホモサピエンスも、絶滅寸前だったことある。 7万年前ごろに、火山噴火による気候変動の影響で、世界人口わずか数千人にまで激減したことある。 で、今は70億人オーバー!! 人大杉~~!! どんだけ~~!!

画像
1

「滅ぼされている(と思う)」を正しいと証明するのは無理なのに、あなたは、「あり得ないってことを証明するのが無理」のほうは信じるんですか? そもそも生命の発生は約40億年前で爾後は化石や遺伝子解析などによって痕跡を辿れますから、人類が一度絶滅しているのに、何度も発生して現在の形質を獲得するなんていう別の痕跡は存在しません。 だから、証明できているのです。 (そもそも、進化には合目性も合理性もないのが原理ですから、一度滅びた種と同じ形質を二度と現れません、外形的に似ているのは収斂進化に過ぎませんから、「人類は何度か滅ぼされている」という概念じたいが生命科学ではあり得ないのですが、まあ、質問者さんはそんなこと、微塵も考えたことはないんでしょう) まあ、オカルトネタのカテゴリーで雑談するならば構いませんが、ヒトカテじゃ一応「教養と学問、サイエンス」カテなので止めてくださいね。 生命の進化や機序はご存知なくても仕方ないですが、冒頭に書いたような程度の矛盾をご理解できないようでは、教養でもサイエンスでもないですから。 「あり得ないってことを証明するのが無理」を奉るのって、要は俺は信じないから信じないのだ!って言ってるのと同じですからね。 これは科学ではなく、信仰の類ですよ

1人がナイス!しています