ID非公開

2021/3/19 13:25

66回答

総務省がLINEの使用中止ってLINEが一般人にも使えなくするということですか?

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

総務省が使ってるサービスが一時中断するだけです。 一般人が危険に晒されている所には何も言及しません。 ちなみにZoomも似たこと(中国当局に不都合なユーザの個人情報を当局に提供)してましたが、Zoomは立憲民主の申し立てによって省庁内の利用がむしろ認められました。 結局野党は都合よく難癖付けてくるし、自民はその面倒な難癖に形式的に対応したいだけなんでしょうね。 LINEはそもそも個人の機密情報が親会社のある韓国に所在してるので、一般人のセキュリティまで考えてくれるなら、何年も前にとっとと使用禁止にすると思いますよ。

捕捉ですが、LINEの映像、画像は日本のデータセンターに移動するようです。最も大事なユーザのIDパスワードや、クレジットカードの情報はニュースでは触れられてないので、韓国のままなのでしょうね。 今回の対応が形式的なものであること、別に国民の一般人を思ったものではないことが、よく分かります。

1

一般の人には推奨するのでは? 自民政権は行革と称して以下のようなことを熱心にとりくんでいます。(半年前の記事) ーーーーーーーーーー LINEは、行政のデジタル化と行政手続きの効率化に向けて、LINE Payのモバイルペイメントプラットフォームを活用した公的個人認証サービス(JPKI)対応の開発を開始。2021年春を目標にサービスを開始する。 LINEは、情報発信や相談受付など「LINE」アカウント上での行政サービスを全国の各自治体と連携して展開している。LINE Payは、モバイル送金・決済サービスにより、行政サービスや税公金等の公的な支払いなど、すべての決済箇所におけるキャッシュレス化を推進。本人確認機能を活用し、安心・安全なキャッシュレス化の実現を目指している。 さらにキャッシュレス普及の先を見据え、本人確認機能の提供プラットフォーム「LINE ID Passport」構想を9月10日に発表。LINE IDを基盤とし、今後本人確認が必要な民間企業のサービスや自治体など公共領域の手続きや決済を伴う様々な認証ニーズに対し、「LINE Pay」で決済・本人確認機能を提供する。これにより、本人確認プロセスのオンライン化によるユーザー利便性向上、キャッシュレス決済を前提とした行政サービスの実現を支援する。 そのためLINEは、マイナンバーカードを用いたJPKIによる認証の対応を準備。「LINE公式アカウント」と「LINE Pay」の決済・送金機能と本人確認機能との連携により、2021年春からサービスの提供開始を予定している。

1人がナイス!しています

0

総務省が中止するだけですね。 たとえばパブコメをlineで募集するのをやめたり lineで広報するのをやめたり 職員に仕事の連絡でつかうのをやめたり ではないですかね。 総務省じゃないけど、コロナの濃厚接触者の問診はlineでしたね