中国語には、北京語と広東語がありますが、北京語は標準語(共通語)で、広東語は方言ということですか?

中国語49閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

0

北京語と広東語は、北京語は標準語(共通語)で、広東語は方言という理解で問題ないですが、広東語は琉球語ぐらい違います。漢字表記も発音も違いますし、BE動詞も違います。

1

中国の統一言語は「普通語」と呼びます。 北京語は政治の中心である北京を中心に広く漢民族が使用していた言語。 中国政府が国内の言語を統一させるために(主に発音)、北京語とハルビン地方で使われていた良いとこだけを取り入れてピンインまで策定したのが「普通語」です。いわば標準語になります。(北京語は言わば江戸っ子弁) 広東語は方言とは言えないほど普通語とは似ても似つかぬ一種の言語として存在しています。

1人がナイス!しています

0

北京語は「普通語」(プートンホウ、マンダリン)と言い、公用語として位置付けられているようです。ほかに広東語や四川語や上海語などというものもあり、耳ではそれぞれ外国語のようだそうです(橋爪大三郎先生より)。 しかし使う文字は漢字(大陸と台湾は多少異なる)で、それぞれの地域で読み方(発音)が異なっているそうです。 取り敢えず。

0

中国には政府が把握できないほどたくさんの言語があるんですよ。100km離れたら言葉が通じないなんてことも多いです。広東語や北京語もその一つなんです。 一つの国の中でたくさんの言語があると不便なので普通話という共通の言語が作られました。その言語は北京語を基に作られています。