余命宣告についてご質問させて下さい。 長文となりますが宜しくお願いします。

病気、症状 | 法律相談110閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

私は余命など言われていません。手術してからでないと ステージも正確でないし 余命を話すのは 古いです 冷たい医師です 医師によっては 一緒に頑張りましょうと 落ち着かせてくれます 冷たい医師との出会いが 残念だったと思います 脳出血後、リハビリ次第で だいぶ良くなります 無理せず頑張って下さい

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。毎日が慌ただしく投稿した事さえ忘れていました。訴訟等と強い言葉を使ってしまいましたが今思えば励ましが欲しかっただけかも知れません。 父の手術が決まり、母も少しずつですが言葉を発する等、回復しつつあります。 元通りは無理でしょうが出来る限りサポートしていきます。 こちらをベストアンサーにさせて頂きましたが、ご回答下さった皆様全員にお礼申し上げます。 ありがとうございました。

お礼日時:4/12 0:22

その他の回答(3件)

0

医師が余命という言葉を使ったのであれば、その時に同時に生存率という言葉も使ったけれど理解が難しそうなので理解しやすい言葉として余命という表現に変えたのではないかとふと思いました。 うちはステージ4のとある癌で闘病中の家族がいて、癌だと確定したという話の時に医師から生存率の話はされました。 うちの場合はいきなりの癌診断ではなくて各種の検査結果が全て出揃う前からかなりステージの進んだとある癌の可能性が非常に高いと言われていたので生存率について事前に調べていました。 ですから医師がステージ4の5年生存率は〇%(具体的には伏せますが10%を切ってます)と言った時も、予測できていたことだし余命としてはやはり5年はもたない可能性が高いのだなと理解したので生存率については質疑応答はなく次の別の話しに進みましたが、生存率はステージごとにパーセンテージで表されているのですぐにはイメージが掴みにくいと思います。 ですから、生存率の説明の流れの際にわかりやすい余命という言葉に変えて生存率についてのおおまかな説明をしたのではないかなと思った次第です。 家族の主治医は、こちらが先生の話に対して理解が追い付かないような時は理解できそうなわかりやすい言葉に変えて説明しようとしてくれるので…。 今後の治療は同じ病院ではなく転院して行うようですから、きちんと説明をしなければという気持ちが働いて余命というわかりやすい言葉を使った可能性もあるような気もします。 お父様、そしてお母様も苦しい状況の中で混乱なさっているかと思いますが、気持ちをしっかりと持って頑張ってくださいね。

1

別に何の問題もないね。他の臓器への…で前置きした上でその場合には1〜5年と言ったまで。 それに脳出血の根本原因は高血圧や動脈硬化などであってストレスは数多くある加速要因の一つに過ぎないでしょ。訴えたところで医師の発言と発症の因果関係を裁判所が認めるとは到底思えない。健康体の人間に何を言ったって脳出血など発症しえないからね。感情だけで裁判はできないよ。

1人がナイス!しています

1

余命の話しですが、一般的ですね。 医師も難しいですね。 言わなければ、なんで教えてくれなかった。 言えば、聞いてもないのに余計なことを言われた。 最悪の事態も頭に入れて、患者もご家族も早めに行動を起こした方が 良いですよという注意喚起と思えば良いのではないですか。

1人がナイス!しています

早速のご回答ありがとうございます。 医師の真意まではわかりませんが結果、母親も脳出血を起こして倒れると言う最悪の事態になっています。 まさか両親が同時に入院とは夢にも思っていませんでしたので… 自分自身も冷静になって考えてみます。 ありがとうございました。