回答受付が終了しました

ソイワックスのソフトタイプとハードタイプどう違いますか?(セミハードなどもわかれば)

手芸 | 工芸200閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(2件)

1

○ソフト コンテナタイプと言ってソフトなワックスは融点が低い。これは精油を使ったアロマキャンドルに向いていて緩やかに香りが広がる。しかし、融点が低いので耐熱ガラスや不燃性の容器に入れなければメルトダウンする。容器に注いで使うキャンドルに使われている。 ○ハード 融点が高く硬めのワックス。これはピラータイプ、ボーティブ、ラウンド、コーン、ピラミッドやオベリスク形等のキャンドルに使われている。全体が硬化するので型抜きもしやすい。とは言え、蜜蝋やパラフィンのようにティッピングによるテーパーキャンドルには向いていない。アロマキャンドルにも使えるが、香りがソフトタイプより拡散が早い。

1人がナイス!しています

1

融点が違いますね 型に入れてそのまま使うならソフトが向いています 型から外して自立させるならハードが向いています

1人がナイス!しています