ID非公開

2021/4/5 14:51

22回答

三国志の曹操は敗者か、それとも勝者か? 結局のところはどちらの評価が優勢でしょうか? ・頭脳明晰で臨機応変、軍略も政略もこなせる

中国史 | 歴史83閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど。 必ずしも天下統一を最初から目的にしてたわけではなかったんですね。 中原の一定程度の安定なら完全に成功していると言えますし、 それ以上のことを成し遂げてもいますね。目的といっても過程を 踏まえてみなければ判断を誤りますね。 ありがとうございました。

お礼日時:4/7 11:12

その他の回答(1件)

1

まあ、勝者だとは思います。 ただし、完全勝利ではなく優勢勝ち、くらいの勝者です。 三国時代で最も領土を拡大したわけですからね・・・。 あと、司馬氏に国を奪われたことまで曹操の責任にするのは、さすがに無理があるでしょう。 曹操が司馬懿を部下にしたのは208年のことで、曹操時代の司馬懿は、まだそんなに出世もしてません。 司馬懿は曹丕の側近になったので、曹丕時代から出世していきます。 曹操が死ぬのが220年で、司馬懿が政権を奪うのが249年です。さすがに30年も先の事は見通せないでしょう。 司馬懿に政権を奪われた責任は当時の政権トップであった曹爽や、後継者選びに失敗した曹叡ではないでしょうかね。 まあ、もちろん、曹操は天下統一を目指したのでしょうから、目標は未達成ではあります。 しかし、彼が戦乱の時代を迎えた頃、すでに30代半ばであったことを思えば、よくやったとも思います。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/4/7 11:10

実におっしゃるとおりだと思います。 確かに国を後に奪われたことまで曹操のせいにするのは 適当ではない気が質問したあとでしてました。 曹丕よりはるかに後の時代のことですからね。