自動車保険の弁護士費用特約について

自動車保険47閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

>主に運転するのは息子(別居の既婚者、31歳)になります。 ↑ 貴方が記名被保険者で、実質的な所有者(使用者)が息子さんだとすれば記名被保険者相違で保険金の支払いを拒否される可能性が有ります。 >年齢条件は同居の親族しか問わないとのことで35歳以上になってますが、これもあっておりますか? ↑ 年齢条件を問わないのは記名被保険者の同居の親族です。 息子さんが記名被保険者なら、年齢条件が不適ですので保険は無効です。 また、年齢条件を問わないのは基本的には、たまにあるいは臨時に運転する場合ですから実質的な所有者(使用者)が息子さんなら、貴方が記名被保険者でも保険金の支払いを拒否される可能性が有ります。 *弁護士費用の特約以前に現在の契約内容を確認してください。 自動車保険で最も重要なのは記名被保険者で、契約者では有りません。

0

まず、記名被保険者は誰ですか? 『因みに、年齢条件は同居の親族しか問わないとのことで35歳以上になってます』 →という事は、記名被保険者は【あなた】になっていると思いますが、この状態で被保険車を主に使用し管理しているのが【別居の息子さん】の場合、契約自体無効ですし、今から等級の承継はできません。 仮に記名被保険者が【あなた】の場合で前述のような状況の場合は、契約自体不適切な為、対象外です。

0

こんにちは。 契約者の質問者さんが弁特の補償対象になるか?との意味合いでしたら補償対象外です。 主に運転する方=あなたの別居の既婚の子でしょ?同居なら補償対象です。 年齢条件について・・・・ 年齢条件35歳以上であれば「記名被保険者(あなたの別居の既婚の息子)の同居の親族しか問わない」ってことですよ。 ご質問の現契約内容であれば、 「息子さん(若しくはその配偶者)と同居されている親族35歳以上の方」 「息子さん(もしくはその配偶者)と同居の親族以外の方」 は年齢条件問わずって事です。 現契約の条件であれば、別居の息子さんが運転中の事故は弁特に限らず補償されません。

訂正します。 文中の「年齢条件問わずって事です。」は誤り 「補償対象です。」が正しいです。

0

記名被保険者は誰ですか?記名被保険者が息子さんであれば対象です。 記名被保険者が質問者さんであれば対象ではありません。 記名被保険者の同居の親族、別居の未婚の子までなので別居の既婚の子は対象になりません。 そもそも主に運転するのは別居の31歳の息子さんであれば、年齢条件も満たしていないため保険が使えない恐れはあります。私ならそんな契約は絶対しません。

0

弁護士特約が付いているかどうかは、契約書に書かれているはずです。 とくに表示がない場合はついていないのでしょう。 契約前なら、説明書に書かれていない場合は、付いていないと思うべきです。 弁護士費用特約を付けたいのなら、その旨、保険会社に言えば追加料金で対応してくれると思います。 特約で対象範囲が、親族かつ年齢条件が35歳以上と言うことなら、31歳の息子は対象に入りません。