ID非公開

2021/4/7 23:03

33回答

GB350の試乗会が行われ試乗速報が上がってきました。

補足

他のレビューも上がってきました。 5速で30kmから高速までカバーさせられるそうです。 100kmでもパルス感が出ているのに振動が抑えられているとのこと。 SR400のショートストロークの回転系エンジンより高いギアでトルクで加速する時が一番面白いそうです。 ますます試乗したくなります。 https://youtu.be/O6CeFWlMGy0

バイク254閲覧

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/4/8 9:57

ホンダは鼓動感と音を作り込んだと説明されていますよ。 内径70mm・行程90.5mmのロングストロークをはじめとした各部の諸元設定、ワイドレシオのトランスミッションや、質量の大きなフライホイールの採用など、一回ごとの燃焼まで感じられるようなクリアな鼓動とともに、粘り強さを感じさせる特性を持たせている。 吸気経路は低速から力強いトルクを生み出せる管長の確保と、ストレート化による吸気抵抗低減を図り、低回転からの力強さと鼓動感あるクルージングの両立に寄与させている。 マフラー内部の排気管長を後端部まで確保することで、低回転域でのトルクフルな走りに寄与させた上で、大径テールパイプの採用によるマフラー容量とのバランスの最適化を図り、力強いパルス感を創出。 アシストスリッパークラッチを採用し、クラッチレバー操作荷重の軽減と、シフトダウン時の急激なエンジンブレーキによる不快なショックを緩和させている。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 鼓動感の説明も参考になりました。

お礼日時:4/14 1:33

その他の回答(2件)

0

いま出ているインプレは全て提灯ですので信用できませんが、スペック的に一般道での使い勝手は良さそうですね。 バランサーを二つも搭載しているところが気になります、元が雑なエンジンだからか、或いは一般受けを狙って振動を徹底的に排除したからなのかは分かりませんが、かなり「薄味」になっているかもしれません。

この返信は削除されました

1

350ccとしては非常にハイギヤード(600cc単気筒クラスと同等以上)な ギヤ比が気になります。 一台で通行量の少ない道を走っている分には気分良さそうです。 但し気分の良い領域で走っていると元気の良い125スクーターに 置いていかれそうです。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/4/8 10:13

加速を競うと言うよりはのんびりエンジンの回転を感じながら流すのがコンセプトのようなので出来るだけ程回転トルクを確保してエンジンを回さなくてもクルーズ出来る特性を狙ったのだと感じました。 低回転トルクを重視したロングストロークエンジン、重いフライホイールによる鼓動感がどう感じるのかが楽しみです。

画像