ドラゴンクエストⅠⅡはロトの子孫、Ⅲはロトの物語になりますが、11は主人公の過去とエンディング後は勇者についての物語ですが、

ドラゴンクエスト | テレビゲーム全般52閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

Ⅲでゾーマを倒した後、王様からロトの称号をもらいます。その後の消息は不明と、その後に邪神を倒す物語になるのではないですか?11では勇者はローシュで賢者はセニカ、魔法使いがウラノス、裏切って後のウルノーガです。戦士ネルセン。主人公はローシュの生まれ変わり。Ⅲの主人公は自分とルイーダで集めた仲間たちに明確な経歴ができたのではないのですか?さらに後のロトの子孫、勇者が竜王と戦うことになるのではないのですか?古の昔に伝説の勇者が魔王を倒し光の玉を手に入れ、その後どこからともなく表れた竜王に、この竜王も、Ⅲで光の玉を手に入れた時に生まれた竜の子供では?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

どうもありがとうございました。

お礼日時:4/12 12:19

その他の回答(2件)

0

DQ11…初代ロト DQ3…2代目ロト DQ3で貰うロトの称号は、かつてこの地を救った勇者の名前にあやかったものです つまりこの時点で先代ロトがいたことが判明しており、それがDQ11で掘り下げられ『11の主人公が初代ロトだった』ということが判明しました

0

ロトとは 古くは久美沙織の小説『精霊ルビス伝説』の主人公ルビスの恋人「ディアルト」の人間としての本名「ロト」およびその転生体たちの活躍に基づく称号。 新しくは、本編11おいて、本編11における物語の舞台である世界「ロトゼタシア」を11主人公一行が救ったことに由来する「ロトの勇者」の称号。 つまり、ルビス伝説の設定をとるならばロトという人物は過去にいたが、今はただの称号。 11の設定をとるならばロトという人物はいたことはないし、人名ではなくただの称号。 ちなみに、称号なので血縁は必ずしも必要ではない。 また、11のエンディングは3の主人公の母親"らしき人物"が11主人公の活躍を書いた書物"らしきもの"を読んでいるシーンが描かれており…… "おそらく"11は3の過去を描いた"のではないか?"と考察できます。公式は明言していないため、11と3の関係はあくまでも「たぶん」にとどまります。