ID非公開

2021/4/10 13:07

22回答

70~80年代の南アフリカにおける人種ごとの貧困率は、おおよそ白人が2%・インド人が15%・カラードが28%・黒人が55%であったとの事です。

政治、社会問題 | 世界史10閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

白人政権は黒人をある地域に押し込めて独立国家を作らせるホームランド政策を推進していたから 意図的にホームランド以外の南アフリカ国内での参政権を抑制しホームランドへ移らせようとしたことがうかがえますね