かつて敬遠していて、今は好きになった作品あるいは作曲家はいますか? 好きになったきっかけの曲や演奏などがありましたらご紹介ください。

クラシック | 管弦楽、オーケストラ82閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 リンクの動画を見て(聴いて)、確かに「バルトーク:弦楽四重奏曲」を カッコいいと思いました。 他の皆様も、ご回答頂きましてありがとうございました。

お礼日時:4/15 17:59

その他の回答(7件)

0

シューベルト それから、歌唱合唱曲

0

チャイコフスキーかな。かつては情緒過多で恥ずかしい音楽だと思っていた時期がありました。いまはむしろプロの高度な技を味わえる曲として楽しんでいます。

「チャイコフスキー」なのですね。 ご回答頂きまして、ありがとうございました。 チャイコフスキーの曲はとにかく美しいものだと思っていました。 そのような見方(情緒過多、プロの高度な技を味わえる曲)もあるのですね。

1

プーランクですね。 かつては単なるチンドン屋 の音楽としか思ってませんでしたが、たまたまコンサート に寄って聴いた、 オルガンとティンパニーの ための協奏曲 を聴いて、オルガンとティンパニーがこんなに合うのか! と衝撃を受けてから、 彼の様々な協奏曲に感心しています。

1人がナイス!しています

1

グレン・グールド バッハ「ゴルトベルク変奏協」 うんと若い頃に聴いて、テンポが肌に合わなくて、グールドの事を「変人」だとしか思えなかった。 30年後に聴いた時、天才だ!といたく感銘を受けた。 当時、私自身の精神はグールドを受け容れるにはあまりにも未熟だった。 年月を経て、彼の独自性がようやく理解できる年齢に達した、ということ。

1人がナイス!しています

バッハ「ゴルトベルク変奏協」(グレン・グールド)なのですね。 ご回答頂きまして、ありがとうございました。 恥ずかしながら、そこまで深い聴き方をしていませんでした・・・。

1

ヒンデミットの画家マチスは どこが退廃芸術なのか 私は最近サンサーンスの 死の舞踏に感心しました これは 奇術探偵ジョナサンクリークの オープニングに使われいて 調べたらダンスマカーブルでした

1人がナイス!しています