此时,总税务司署汉文科税务司丁贵堂、副税务司刘秉彝等早潜伏重庆,此时的王文举“身在曹营心在汉”,也决定逃离烟台,前往国统区。

中国語 | 中国史7閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

助かりました、誠に有難うございます。 非常感谢您

お礼日時:4/12 7:20

その他の回答(1件)

0

この時、重慶には、一般税務局のディン・ギタンと劉ビンギ、副税務局の劉ビンギが潜んでいた。 王文寿は、スムーズに逃げるために、出国方法、扶養家族の定住方法、本土への行き方など、さまざまな問い合わせを行った。 1944年初頭、彼は「中東と北東部の村人である私の同僚のウー・ヨンクアンに、出発の準備をするために彼に代わって自由地域への道を探るように頼んだが、必需品を手に入れなかった」。 1945年の元宵節の夜まで、王文寿は「天津で勉強するために学生を乗せて送る」という名で天津への「Beiming」汽船に乗り込みました。 それから彼は天津から商丘に電車で乗り換え、そして棚車で界首に行き、そして最後に国家管理区域に移動しました。