12AX7を使ってSRPP回路に変更を予定しています。現在は6SF5使用中です。

画像

オーディオ32閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

多くの方からのアドバスありがとうございました。 少し気になっていたことが解け、作業が進められそうです。 お聞きしたかったのは、使っている電源回路の構成上、ヒーターに48vの電圧がかかった状態でしか使うことができないということでして、 こちらのアドバイスを選択させていただきました。

お礼日時:4/11 19:14

その他の回答(2件)

0

ヒーターバイアスをかける目的は二つあります。 一つは、ヒーター-カソード間耐圧を超えないようにするため。これに関しては、質問の回路ではどうやっても問題ありません。 もう一つは、ヒーターから飛び出した電子がより高い電位のカソードに吸い込まれることによってハムが生じることを防ぐため。この場合、ヒーターとカソードの間が二極管として動作してしまいます。 しかし、出力管が6B4Gでμが低いこと、二段増幅であることなどから、出力にハムがのらなければ対処する必要は無いと思います。さらに、この回路ではハム成分の大半は出力管のプレート電源から来るはずで、前段にヒーターバイアスをかけたところで大勢に影響はない(改善されない)と予測されます。 入力をショートして出力のハム成分を測って(もしくはスピーカーで聞いてみて)、問題になるレベルだったら対策の何番目かのプライオリティで考えればよいと思います。