新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

確定拠出年金の専門家の方に質問します。 始めてまだ6年ほどで、55歳公務員です。 開始して損益率がまだプラスに転じたことがなく、

ベストアンサー

0

ドルコスト平均法・・・確定拠出年金を始めるとき少し覚えた用語ですが、勉強不足です。 アドバイス通りこれ以上いじらないこととします。ありがとうございました。

その他の回答(2件)

0

債券投信はやめたほうがいいです。 確定拠出年金の運用商品は ・信託報酬が低い株式投資信託 ・定期預金 から選ぶべきです。 今の金融情勢では債券の利回りは極めて低く、手数料の方が大きいかもしれません。 また、市場金利が上がれば債券は値下がりします。投資信託が対象にしている債券は固定金利で中途解約できない普通の債券なので、市場金利が上がってもすでに発行された債券の金利は低いままです。これを売却するには値引きしないといけません。 株式投資信託は株価に左右されるので、上がるか下がるか不安になる気持ちは分かります。 質問主さんの全財産はいくらくらいですか。そのうち確定拠出年金はいくらですか。 株価が高値圏にあると思うような場面でも、全財産のうち株式(株式投資信託)を2割か3割くらいは持った方がいいと思います。今は高いと思ってさらに上がり続けることもあれば、今が安いと思ってどんどん下がることもあり、相場の予測は難しいです。 貯金が1000万円あり確定拠出年金が200万円なら、確定拠出年金200万円をすべて株式投資信託で運用してもリスク過大だとは思いません。

全財産がいくらか、具体的など数値は言えませんが、「債券の利回りは極めて低く、手数料の方が大きいかも」とのご意見、とても参考になりました。ありがとうございました。

0

私も同じようなものです。やはり株価が下がった時に狼狽売りしたものです。 いま55歳ということですから、貯金と思い、安全な銀行資産にしていて良いです。

コロナ禍の昨年はこのまま持っていればどんどん値下がりするなどと思ってしまいました。 素人なのでなかなかうまくいきませんね。 ありがとうございました。