回答受付が終了しました

ID非公開

2021/4/11 19:36

1111回答

足が遅い人ってなんで遅いかわかりますか?

1人が共感しています

回答(11件)

0

例えば怠け者で家から出ない、ごろ寝しているかテレビ見ているか。そんな人なら遅いだろう。なんにもやってなくても速い人というのは、ある程度通勤で歩いたり、家事だったりで運動していてなおかつそこそこ素質があれば、5分kくらいで走れる。 体が硬いと運動効率が下がるのでどう練習しても向上しないというのはある。 歩いた場合どうか。走るのは遅いが、歩くのは早いという人はけっこういる。数キロあるいて持久力をきたえてみたらどうかな。

1

速さは結局、ピッチとストライドで決まります。脳からの指令で脚を回せる回数と耐久力、前に推進させるジャンプ力になります。 速く走ろうとすると、ピッチもストライドも↑になります。ですが、耐久性が低いと長続きしません。もちろん、脚が長い、股関節が柔らかい、関節の動きがスムーズなども影響しますので、走っていて、これが限界と感じるのは脳だけが感じているのであって、本当の限界はもっと高いと思います。それは鍛錬するしかないのです。

1人がナイス!しています

0

ロンブーの淳さんのフォームを観ていると分かりますね。 遅い人は遅い。 トレーニングしても遅い。 持って生まれたものです。

1

当たり前の計算ですが、100mを30秒で走り続けるスピードが無いと、キロ5分になりません。つまり、短距離のスピードが遅ければ、どんなに心肺機能や脚の筋力が合っても、マラソンのスピードも頭打ちになります。

1人がナイス!しています