なんで今の大河ドラマ最初に徳川家康が現れて説明とかしてるんでしょうか?

日本史 | ドラマ169閲覧

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(9件)

0

幕末時代劇のわかりにくさは様々な問題が戦国時代から繋がっていることです 幕末の人間ですら一面からしか物事が見えておらず解説するのが非常に難しい時代 家康は死後に神様(権現)となり徳川を見守る存在となっているため戦国から幕末までの出来事の(現代も)全てをみている神視点で語らせてもギリギリ許される存在なのです そのため権現である家康役に相応しく吉沢さんと草彅さんが歴史ファンに馴染みがないので全世代に知られている役者となると北大路さん一択でコロナ禍の危険を考え一人解説という策に出たのだと思います

1

家康が作った幕府終焉だから。

1人がナイス!しています

0

落語や講談の「まくら」、あるいは前説です。ドラマを理解しやすくするためです。

2

質問者ご自身で書かれているとおりです。 「最初に出てきて、当時の世相や前回までのあらすじなどを わかりやすく説明する狂言回し」=今回の徳川家康だからです。 なぜ家康なのか? ・日本人なら誰でも知っている超有名人 ・徳川幕府を開いた人なので、幕府終焉を語らせるのに適任 ・前作の大河「麒麟がくる」(若いころの家康が登場)の戦国時代と つながりをもたせる ・演じる北大路欣也は「江」(2011年)でも家康役 ちなみに過去の大河でも、「八代将軍吉宗」では近松門左衛門、 「葵 徳川三代」では水戸光圀など、語りを兼ねた「神の視点」で 視聴者に状況説明する狂言回しがいました。 個人的にはとても面白いしかけだと思います。

2人がナイス!しています

0

はじめのお二方のご意見に同意ですが、それにプラスすると 戦国ドラマが好きな方々との妥協点を図った面もあると思います。 何だかんだと言いつつも、三英傑のネームバリューは大きいですから。 (渋沢栄一が後に仕えることになる徳川慶喜は、当然のことながら 徳川家康の子孫です。)