自衛隊は人員不足で困っているそうですが、一方一般曹候補生(陸・海・空)の合格率は、7%~25%程度です。

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/4/12 4:41(編集あり)

その他の回答(4件)

1

幾ら受験者が多くても定員が有りますからね!定員以上の者が合格ラインを突破していても定員しか合格にさせられません。

1人がナイス!しています

0

見かけの倍率が高いだけでしょう。ほとんどの人は曹候、候補生併願してますし警察消防などとの併願も多いし、大学行けなかったらみたいな人も多いです その他、身体検査で引っかかる人(今どき身体にどこにも異常がない人は結構少ないです) また、おっしゃるとおり、どこにも就職先ないから自衛隊でもという人もいるでしょう 自衛隊も武器を扱ったり、集団で行動しますから、問題児や困ったちゃん、あまりにも学力が低い人だとかえって足手まといになります

0

公務員や警察官などの初級と合わせているのでしょうか?終身雇用を与えてしまうので、慎重というのもあるかも知れません。 また人事構成を考えると、不景気で公務員人気、普段なら受験してこない優秀な人材が多数応募、すわ取り放題じゃ!、とはならないのではないでしょうか?バブルで大変な目に遭いましたし、前後の入隊層とのいびつさの回避などもあるかも知れません。 防衛短大構想という過去のたたき台があったようですが、下士官はやはり兵隊からの叩き上げ、米軍も技能や学歴でテックサージャントを増やして募集難での高在生の魅力化図ってましたが、やはり小部隊でも軍曹は指揮官ですからね。その人格陶冶の証明には、多少小頭がいいよりも、やっぱりメンコの数、陸士の士気の維持とかもあるかも知れません。あいつに枠取られた、とか頑張っても陸曹になれないんじゃ適当にやろう、とかなりますからね。焦って陸曹目指すより、多少遠回りでも自分のやりたいことやって納得して陸曹なれば十分逆転の余地もありますし。

平成不況が落ち着いてしばらく経って、日本マクドナルド本社の人事部所属という女性と短期間付き合ったことがありました。景気は戻って来ているのにバイトの募集が伸びず人不足と言うのだ。バイトさんたちに手っ取り早いインセンティブは正社員への転換率を上げることだが、大型店舗でも正社員はせいぜい3人、とてもじゃないが軽々にそれを宣伝文句には使えない、と切実な声を聞きました。 麻生太郎財務相などは、国の金なんだから日銀に印刷させればいいんだよ、などと豪胆なことを仰る方もいらっしゃいますが、各省庁の公務員も人口統計や求められるサービスの変移などを見積もって採用人数を弾き出していると思いますので、優秀な応募者が居てもったいないな、と思いつつも簡単に採用人数は変えられないのだと思います。