世界旅行で時差ボケを防ぐには少しづつ西回りで旅行すると良い? 日本―シンガポール―ドバイーパリーNY-LAーホノルルのように、

補足

ありがとうございます。 時差の大きさにもよりますね。 時差ボケ対策、うまくできればよいですね。 --私は東向きのハワイでは、ずっと時差ぼけ状態でした。 ーー私は西向きのバリでは、ずっと頭脳明晰でした。 と、知人が言ってました。 東に向かう場合の良い時差ぼけ対策は有るでしょうか? 補足、 ただし、1日24時間を儲けたいなら東回りですね。 80日間世界一周と同じ理論ですね。 貴重な御回答ありがとうございます。 そうですよ。西回りの太陽を追いかけるフライトがラクです。 逆に東回りは短い夜の連続でキツいです。 貴重な御回答ありがとうございます。

ベストアンサー

0

日本を昼頃に出ればニューヨークには朝に到着しますが、ロンドンには 夕方に到着します。 夜まで我慢して起きているのはロンドンの方が楽ですので。 ありがとうございます。 最近はアンカレッジで給油する必要もないですし、 日本を昼に出て、ロンドンに夕方に着けば、 ぐっすり睡眠をとれば、 時差ボケの影響は最小限で済みますね!?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

別の回答より 前の日より早寝早起きするより、前の日より遅く寝て遅く起きるほうが楽な人が多いと思います。 西回りに移動した時は、遅寝遅起きになります。 西回りだとその日は1日24時間より時差の分長くなります。 逆に、東回りでは、早寝早起きになります。 例えばーー超早寝早起きの仕事では1日中頭がぼーっとした状態になりますね? つまり、遅寝遅起きで調整できる西回りのほうが頭脳明晰に過ごせます。

お礼日時:4/17 7:08

その他の回答(4件)

0

前の日より早寝早起きするより、前の日より遅く寝て遅く起きるほうが楽な人が多いと思います。 西回りに移動した時は、出発地であっていた時計を到着地では時差分戻すことになりますので、出発地の現地時間で考えれば遅寝遅起きになるように、到着地で過ごすことになります。 西回りだと移動日は1日24時間より長くなります。 逆に、東回りで移動すれば、早寝早起きになるように到着地で過ごさないといけないです。 東回りの移動日は1日24時間より短くなります。 どちらが楽かと考えれば、遅寝遅起きで調整できる西回りのほうが楽だということになります。 ただ、到着日の過ごし方で失敗すると、時差ボケが長引くことがあります。時差ボケ対策に失敗した西回りであれば、時差ボケ対策に成功した東回りのほうが楽です。

ありがとうございます。 時差の大きさにもよりますね。 時差ボケ対策、うまくできればよいですね。 --私は東向きのハワイでは、ずっと時差ぼけ状態でした。 ーー私は西向きのバリでは、ずっと頭脳明晰でした。 と、知人が言ってました。 東に向かう場合の良い時差ぼけ対策は有るでしょうか? 補足、 1日24時間を儲けたいなら東回りですね。 80日間世界一周と同じ理論ですね。 貴重な御回答ありがとうございます。

0

そうですよ。西回りの太陽を追いかけるフライトがラクです。 逆に東回りは短い夜の連続でキツいです。 以前セントマーチンに行った時に航空券をユナイテッドで予約したら往路は伊丹-羽田-成田-サンフランシスコ-ニューアーク-セントマーチンでしたが、復路がセントマーチン-ニューアーク-フランクフルト-成田-伊丹と乗継が少ないわりに疲れが違いました。

0

そうですね、まあ人によりますが、少しは良いのでは?防げるかどうかはそれぞれ何日滞在するかと、個人差によります。 ヒトの概日リズムは24時間8分くらい ところが洞窟の中で自由に寝起きしてもらうと24時間半ー25時間半くらいのリズム ということで、遺伝子で決まっているリズムよりも実際には後ろにずれるほうが生理的に楽な傾向があります。ただこれは個人差が激しいことが知られます。 このことによって、西回りに数時間 vs 東回りに数時間 では西回りのほうが時差対応的には楽になります。NYC -> LAのほうが、LA->NYCよりも時差調整は楽という意味です。 といっても差が出てくる時差はたかだか数時間であって、おそらく6時間以上だとほとんど西も東も差が出ないでしょう、、、

西回りのほうが時差対応的には楽になります。NYC -> LAのほうが、LA->NYCよりも時差調整は楽という意味です。 ありがとうございます。 時差ボケ対策、うまくできればよいですね。 --私は東向きのハワイでは、ずっと時差ぼけ状態でした。 ーー私は西向きのバリでは、ずっと頭脳明晰でした。 と、知人が言ってました。 東に向かう場合の良い時差ぼけ対策は有るでしょうか?

0

時差ぼけのために、そんな無駄をするおバカはいません。 旅行というウキウキ、ワクワクの興奮状態を抑え、飛行機内でちゃんと寝ればいいだけの話です。 またはどこでも数時間でも寝れること。 私はビジネスで欧米等を年に10回は飛んでますが、機内ではしっかり寝るし、空港からホテルの間でも数十分寝れるから時差ぼけなんてしたことがない。