隣の土地を駐車場として購入しました。 今、番地は別になってます。

土地 | 不動産71閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

①、何れ近いうちに隣地へ建築予定ならば、其のままが良いです。 単に固定資産税や都市計画全の減税の目的ならば、隣地とを土地 の「合筆登記」を土地家屋調査士で保存登記は司法書士事務所へ 依頼をすることになります。 ②、土地の合筆をすると200㎡までが1/6減額となり、越えた面積 は1/3との減税とはなります。都市計画税も同様かと思います。 問題点は相対的に考えことが寛容かと思います。

0

駐車場専用に使う場合は税の軽減措置を受けることが出来ません。 しかし、その土地を自宅敷地に取り込むと税の軽減措置を受けることが出ます。 現行法では自宅の敷地の筆数に制限がありません(合筆不要)。 「傍目には一体の土地に見えること」が条件で、具体的には役所の人が確認に来た時も、近所の人の目にも、一体の土地に見えていれば良いわけです。 自宅の敷地に取りこめることになったら、そこに自分の車を乗り入れると良いです。その際に自宅と駐車スペースを柵などで仕切ると元の木阿弥だそうです。 ※軽減措置を適用してくれるのは市役所の担当課ですから、「自宅敷地に取り入れて税の軽減措置を受けたい」と申し出て指導を受けてください。

0

更地は固定資産税が高いです、分筆の反対で合筆できるならした方がいいです、手続きは司法書士か土地家屋調査士に頼む事になります、

0

購入したと言うことは相手に土地代払い法務局で所有権の移転登記したのではないですか。其処まで行わないと貴方の所有物ではありません。 登記行ってい無いのでしたら法務局で申請登記分からなければ近くの司法書士さんに手続き依頼。 別に番地別でも貴方の物ですから問題ないです。