回答受付が終了しました

商業に通う高校生です。課題研究のテーマについて悩んでいます。調べやすく、分かりやすいテーマ何かありますでしょうか?

宿題86閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(1件)

0

SDGsなどはいかがでしょうか。 以下は以前に私が書いたものです。 よろしければご参照ください。 「SDGsと地球温暖化防止に向けた取り組み」 SDGs(Sustainable Development Goals)とは、「持続可能な開発目標」を意味する語である。これは環境破壊、人権問題、貧富の格差といった国際問題を是正し、雇用と経済価値を生み出そうという世界的取り組みのことである。2015年の国連サミットで採択され、国連に加盟する193ヶ国が参加、さらに2017年に開かれたダボス会議で具体的な経済目標が掲げられたことで注目され、近年では民間企業の参入も進んでいる。 SDGsで早急に取り組むべき課題の一つとして、「地球温暖化防止」が挙げられる。現在、世界中で地球温暖化が叫ばれ、各国を悩ませる重大な環境問題となっている。地球温暖化とは、地球の気候系の平均温度が長期的に上昇することであり、主要な気候変動の一つとされる。世界気象機関の発表によれば、1906年から2005年までの100年間で地球の平均気温はおよそ0.76度上昇、これは過去1300年間で類を見ない急激な気温上昇であり、さらに今後100年間で最大3度~4度の上昇が懸念されている。 では、地球温暖化の原因とは何か。最大の要因とされているのは、人間の高度科学文明における大量生産大量消費活動によって排出される二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素などの温室効果ガスの増加である。元来、地球は太陽光のほとんどを地表で反射し、その熱を宇宙空間へ逃がしている。しかし温室効果ガスは太陽熱を地表に留める性質を持つ。それが増えることにより、太陽熱は宇宙空間へ逃れることが出来なくなり、地球はさながらビニールハウスのようにどんどんと熱を溜め込んでしまうのである。 それでは、地球温暖化の影響とはどのようなものが考えられるか。まず最も懸念されているのは、南極の碓氷が溶けることによる海面上昇である。現在、オセアニアの多くの島国が海面の上昇により国土消滅の危機に瀕している。さらに今後海面が10メートル上昇した場合、日本、北アメリカ、ヨーロッパなどの主要な臨海都市のほとんどが海の底へ沈むだろう。さらに異常気象、砂漠の拡大、海陸の生態系破壊など、地球温暖化は様々な環境被害を連鎖的にもたらすとされている。 では、地球温暖化に対して世界ではどのような取り組みが為されているのだろうか。1997年、京都市で開かれた第3回気象変動枠組み条約会議において、京都議定書が採択された。これは先進国各国において、二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素といった温室効果ガスの排出量の削減目標を約束させ、それを順守させるものである。しかしながら現在、各国の温室効果ガス削減に向けた努力は全く足並みが揃っておらす、また世界の2大温室効果ガス排出国である中国、アメリカがともに京都議定書に参加していないことも問題視されている。 それでは、日本ではどのような取り組みが為されているのだろうか。日本政府は現在、再生可能エネルギーへの移行を推進している。再生可能エネルギーは従来の石油発電、石炭発電といった化石燃料エネルギーよりも温室効果ガスの排出量が少ないとされ、原子力発電、風力発電、地熱発電、太陽光発電などが上げられる。しかし2011年の東日本大震災における福島原発事故をめぐり、あらためて原子力発電の安全運用の難しさが指摘され、また風力発電、地熱発電、太陽光発電は極めてコストが高いという問題を抱えている。 以上を踏まえた上で、私たちにできることは何か。それはまず問題を知り、それを他人事とせず私たちに関わることと捉え、そして身近なことから実践することだ。例えば私たちがゴミの分別をするのは何故であろうか。それは再利用可能な資源を有効活用し、さらにゴミの焼却処理にかかるエネルギーを節約して、環境への負担を軽減するためだ。このような小さな努力の一つひとつが、やがて大きな力となり、この美しい地球を、SDGsの理念を、そして私たちの未来を守ることに繋がるだろう。