回答受付が終了しました

プロのヴァイオリニストです 日本では西洋の音楽が伝わってくるまで 音楽らしい音楽はありませんでした

クラシック62閲覧

回答(8件)

1

ID非公開

2021/4/17 0:40

私は芸術学の勉強をしていて、ゼミの先生に「そんなこと言ってるうちは日本には本物のカルチャーが無いって言われるんだよ」と怒られたことがあります。 確かに私も含めて日本人は自国の文化や芸術に対して理解が浅いのですね。ほかに宗教なんかもそうです。まあ西洋で確立した概念なんですから遅れていて当然なんですがね。雅楽という音楽についても、一般的に理解され言語化しているとは言いがたいのです。 ですが、「西洋の概念における音楽として言語化されていない」ことを「音楽らしい音楽ではない」と断ずるのは暴論です。 まず雅楽には1000年も前から楽理が存在し、いくつかの調があり、2種類の律があります。拍子も6拍子や5拍子なんかもあって、けっこう音楽してるんです。日本では北方経由の旋律主体の音楽と、南方経由のリズム主体の音楽が融合して音楽が成立していますが、雅楽にもそういった特徴がうかがえます。 たぶんあなたプロどころか音楽史もやってないんじゃないかと思いますけど、雅楽もいろいろあるんで興味があったらいくつか聴いてみてくださいね。興味がなく知見もないなら、何も語らぬが吉です。

1人がナイス!しています

1

ステレオタイプの西洋音楽ならそうでしょう。ただヨーロッパにさえそこに当てはまらない民族音楽はあります。コダーイなんかは色々民族音楽を収集して研究していたそうですが、とりあえず見習え。

1人がナイス!しています

1

「雅楽」は単なる儀式の音ではありません。平安時代でも貴族が祭りの時や祝い事の際に雅楽を演奏し踊っていました。源氏物語を読めばそういう場面がいくつも登場します。西洋で言えば中世の王宮や貴族の屋敷で演奏されそれに合わせて踊っていた音楽と全く同等のものです。

1人がナイス!しています

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
4

プロのヴァイオリニストが聞いてあきれるわ。

4人がナイス!しています