労働基準法 残業手当=1時間当たりの賃金額×残業支給の対象となる時間数×割増賃金率 とありますが、

労働条件、給与、残業 | 労働問題10閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!参考になりました。

お礼日時:4/19 22:03

その他の回答(2件)

0

週40時間労働の会社であっても一般的には夏期や年末年始・祝日などの休みがあります。 それらの休みを考慮した年間所定労働時間を12で割って1か月平均の所定労働時間を出し、その数字で月給(正確にはその中の計算対象のものの合計)を割って1時間単価を算出します。 ただし、労働基準法より労働者に有利な計算方法は認められるので上記の計算より20000/(40×4週)の方が労働者に有利かつ、労働契約でそのように定められているのであれば20000/(40×4週)でも構いません。

0

年間総所定時間÷12を月平均所定時間とし、その時間数で月給を割ります。