今の世の中で 公的年金だけで生活できる人は どれくらい 存在しているのでしょうか? 今の世の中、60代でも

年金39閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

投稿ありがとうございます。

お礼日時:4/16 9:19

その他の回答(2件)

0

それを言うなら 国民年金と厚生年金(含 共済)、互いの割合がどのくらいかによるでしょう。国民年金だけの人は、未納もなく払い続けて、月額 六万と少し、しかもそれから介護保険料と健康保険税をしっかり天引きされます。到底生活はできないでしょう。厚生年金などが大半の方なら、なんとか生活できるかもしれません。

0

どれくらい存在・・・ですか。 生活保護を受けている高齢者は、確実に生活できていないのでしょう。 生活保護を受けている高齢者はおよそ90万世帯いるそうです。 なお、 企業年金も公的年金だとすれば、公的年金で生活できる人はいると思いますが、企業年金のない人(又は、少ない人)は、働けるうちは働いて、後は、貯金を取り崩しながら生活していると思います。 一番の問題は、現役時代の(優雅な?)生活から、どうやって(慎ましい?)年金生活に切り替えるか(心の切り替え)だと思います。その切り替えができないと精神的に苦しくなります。 毎日の食生活は、食べたいものを食べるのではなく、目玉商品(安売りしているもの)から選んで食べたり、閉店間際の50%引きになった時点で購入するなどの工夫が必要です。昼など、100円以下のカップラーメンで済ますことも必要なのでしょう。風呂も3日に1度、食器もろくに洗わない、貧しい学生時代の下宿生活に戻ったような気持ちで生活する心構えが必要だと思います。 政府も、1年間の食費は年間20万円だと試算しているようです。1日およそ550円です。