ID非公開

2021/4/13 8:13

55回答

女系天皇論者は愛子内親王殿下を天皇にとか言ってますが、直系長子論でしょう?

政治、社会問題102閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/4/18 2:47

その通り。 天皇の位置付けにつき、吉國一郎内閣法制局長官は次のような政府側答弁をしています。 天皇は君主か・・・「国家の形態を君主制と共和制とに分けまして、わが国がそのいずれに属するかということがまず問題になるわけでございますが、公選による大統領その他の元首を持つことが共和制の顕著な特質であるということが一般の学説でございまするので、わが国は共和制でないことはまず明らかであろうと思います。(改行)それでは、君主制をさらに専制君主制と立憲君主制に分けるといたしますならば、わが国は近代的な意味の憲法を持っておりますし、その憲法に従って政治を行なう国家でございます以上、立憲君主制と言っても差しつかえないであろうと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

御解答ありがとうございます。 最近は国民主権を履き違え、まるで己が皇室に介入できるかのような反知性的な人間が多く困ります。 私は立命館大学、中央大学にて憲法を習いましたが、義務教育にても立憲主義を教えるべきです。

お礼日時:4/18 2:57

その他の回答(4件)

2

女系天皇や直系長子継承を容認する場合、現実的に悠仁親王殿下の即位以降の適用が妥当だと思います。 皇室典範により、皇位継承順位が定められており、また次世代の悠仁親王殿下がおられるのに、あえて敬宮殿下の即位に切り替える必要はないと思います。敬宮殿下即位を優先する法的根拠はありません。 敬宮殿下擁立論の方々の主張は、「秋篠宮家がダメだから」という理由で敬宮殿下を擁立しようとしていますが、皇族方に対して失礼だと思います。 やたらめったら秋篠宮家を貶して、敬宮殿下を擁立する。敬宮殿下を擁立するために秋篠宮家を貶さなければいけない理由が理解できませんし、皇嗣殿下は敬宮殿下の叔父さんです。親族を悪く言われて、いい思いをする人はいないでしょ。 人の悪口をいう人に擁立されても、敬宮殿下は迷惑なのではないかと思います。それに怖いですよ。この人たちに皇室がコントロールされそうで。 また「秋篠宮家は傍系で自由で天皇に相応しくない」というような主張もありますが、直系長子でそのようなことが"全くない"と言いきることはできないはずです。 それに相応しくない、ふさわしいで天皇を選ぶのなら、直系長子でなくても良いはずです。 彼らの主張は矛盾しています。なぜなら単に秋篠宮家が気に入らないだけだからです。 真偽もわからないことを、事実かのように信じて一方的に攻撃するっていうのは、人間として信頼できません。多くの敬宮殿下擁立論者には、不信感しか抱きません。

2人がナイス!しています

1

もし女性天皇・女系天皇の容認を検討するとしたら、それはあくまで悠仁親王に女子しか子供ができなかったときです。それを今この段階で、法律で決まっている皇位継承順位を変更してまで、愛子内親王の即位を想定して女性天皇容認を主張するのは全く意味不明です。 直系長子論にしても、天皇の直系に継承者がいなければ、兄弟間あるいは遠縁の傍系皇族によって皇位が継承されてきた皇室の歴史を無視しており、これまた意味不明です。今の皇室自体が、江戸時代後期に後桃園天皇の崩御によって当時の皇統の直系が断絶し、急遽、傍系の閑院宮家から即位した光格天皇の子孫、さらに遡れば、室町時代に、やはり当時の皇統の直系が断絶して、傍系の伏見宮家から即位した後花園天皇の子孫なので、もし直系長子にこだわっていたら、今の皇室は存在していなかったことになるんですけどね。

1人がナイス!しています

1

法的根拠を作るのが、国会の法改正です。 また、皇位継承順は、権利ではないので、事後立法にはなりません。 過去、上皇陛下がお生まれになる前に、高松宮殿下が、一時的に皇嗣になった先例があります。 また、皇位は、時の権力者の意向によって左右されてきたものです。 現在の権力者は国民ですから、国民の代表である国会が皇位継承を左右することは当然なんです。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/4/13 11:12

国民主権よりノブレスオブリージュに決まってるだろw 国民の反対で内親王殿下と小室氏の婚姻が成立してないと思ってるなら傲慢だな。

2

法律上のことを言うのであれば、皇室典範で継承順位を変えるだけで大丈夫です。 立皇嗣の礼は秋篠宮皇嗣殿下が立皇嗣することを国内外に宣明する儀式であって、それ自体が秋篠宮皇嗣殿下を次期天皇に確定させる法的根拠になるわけではありません。 例えば今からでも天皇・皇后両陛下に男子が生まれれば、秋篠宮皇嗣殿下が立皇嗣の礼を済ませていようとも、両陛下の男子が皇位継承順位の1位となり、立太子の礼が行われます。 皇室典範で女性・女系天皇を容認し、愛子様が皇位継承順位の1位となれば、改めて立太子の礼が行われることでしょう。

2人がナイス!しています