エクセルでの勤務日数を計算する方法 添付画像のように氏名(サンプル)、授業開始時間、授業終業時間として

画像

Excel | 労働条件、給与、残業39閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

分かり易く教えてくださいましてありがとうございました。 他の人も回答頂きありがとうございます。 こちらではoffice365を使用していなかったので lunkulsanさんをベストアンサーにさせて頂きます。 お世話になりました。

お礼日時:4/16 17:57

その他の回答(2件)

0

時刻付きの日付は別のデータと見なされるので何日勤務したかを取り出すのは難しいです。なのでG列に1列挿入して日付だけを取り出します。 F2に =INT(G2) として小数を切り取ります。下にコピーして 別表、J1に =UNIQUE(SORT(E2:F21,1,1)) これで日付の重複を削除、名前を昇順で並べ替えます。 このデータの個数が勤務日数になります。 M2に =UNIQUE(J2:J10) N2に =COUNTIF(J:J,M2) これで勤務日数が計算されましたが、Officeのバージョンが365でないと上の数式は使えません。365より前のバージョンなら勤務表は別に作成したほうが速いです。勤務日数を計算するための表なら簡単ですよね。

画像

ご連絡ありがとうございます。 INT(G2) まではできました。 Officeのバージョンが365でないため、UNIQUE、SORTの関数が 使えませんでした。 可能でしたら、365より前のバージョンで作成できる方法をご教示 頂けたらと思います。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

カウントしてどこにどう表示させたいの?