ID非公開

2021/4/13 22:52

55回答

心療内科に行きたくありません。

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/4/16 12:22

親も一緒に受信するんですよ(この期間どんな感じだったかみたいな事を毎回話してるらしいです) 自分が行かなくても母親が話に行ってるので勝手に予約入れてしまいます。(語彙力ないです)

その他の回答(4件)

0

私も無駄な気がします。 むしろ改善の足かせになりかねないかと。 「ストレスはあくまでもトリガーであり原因ではない」 肩こり、首こり、背中の痛み、顎関節症、ストレートネックはありませんか? 投薬治療ではなく、これらが完治へのヒントです。 近年における精神疾患の増加原因などを勘案しながら自力で完治していますが、精神医療に通うから完治しない方が多数いるように思いますね。 結局のところ、精神科医は近年における精神疾患の増加原因について合理的な説明が出来ていないんですよ。 少なくとも精神科医には能力試すくらいのスタンスで臨みましょうね。 (最近知恵袋でやり取りした精神科医はなんと近年において精神疾患が増えていると言うのも妄想だと主張していましたが、厚生省公表のデータから増加は明らか https://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/data.html) 完治しての総括ですが原因を精神的ストレスだと考えると治りませんよ? 精神科医が気分障害や精神疾患の原因に挙げる精神的ストレス、トラウマ、性格、家庭環境、どれも近年における患者の急増を説明するにはあまりにも弱いと考え、自力で完治しています。 有難いことに精神科医dig氏も投薬治療では完治しないことを明言されています。 どの精神科でもその前提をブレなく説明すべきと思います。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13199721188?fr=and_other たまに「とりあえず飲んでみて」的な精神科医がいますが説明責任の放棄ですね。 投薬治療で一時的に症状が緩和する事で飲み続ける合理性があると勘違いしてしまう患者がどれだけ多いか考えるのも恐いです。成分からの依存症議論以前の問題です。 知恵袋にも投薬治療盲信者の方々が多いですが、説明しても分からないなら放置するしか無いと思ってます。 患者全員を助けられるとは到底考えられませんので。医学や医療を盲信する時代は既に終わっています。 鬱病やパニック障害などの気分障害の原因は精神医療が言う「精神的ストレス」では無いと確信して自力で完治しています。 一般的に完治しないとされているのは精神医療における原因推察や治療法に妥当性が無いからだと考えています。 その場で胸式呼吸で肩をあげずに深呼吸できますか? 腹式呼吸ではなくです。(腹式呼吸をしないようにお腹を凹ませた状態で) 問題の本質は精神医療が原因として挙げる精神的ストレスではなく、「姿勢の悪さ、猫背、体の歪み」でした。 (最近ではネプチューンの名倉氏の件もヒントになります。手術の侵襲が原因とされていますが、重要なのは頚椎椎間板ヘルニアになった「原因」であって手術云々は大した問題ではないでしょう。) どうりで老若男女問わず現代人がなりやすい訳です。 学生がストレスで、、とは精神医療も自分たちでおかしい見解だと分かっているはず。 肩こり、首こり、背中の痛み、顎関節症、ストレートネック、長期で治らない逆流性食道炎などがあれば非常に分かり易い傾向ですね。 これが多くの方に共通するなら精神医療の投薬治療で症状が完治しないのも当然です。 投薬治療で姿勢や体の歪みは治りませんので。 精神医療が気分障害の原因を明らかにできない理由が投薬治療の妥当性維持のためだとしたら、国民に対する完全な背信行為だと思います。 ちなみに彼等は気分障害に体の痛みが伴いやすい事を既に把握しています。 また、一時期医学や医療が「首」に着目した事がありましたが、神経云々の話に展開して結局患者には理解不能なメッセージになったままです。むしろ「首」に注目していた医療機関は何らかの圧力を受けたかのように声を上げなくなっていきました。 スマホやパソコン、ゲーム機などの長時間利用には十分注意なさってください。 先日は大変嬉しいBAを頂きました。 気分障害の原因の考え方、完治までのプロセスなどをまとめてます。 先日回答した方から改善してきたとのご連絡も頂いています。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11240456761?fr=and_other https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11209964376?fr=and_other https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14199715484?fr=and_other 気分障害が心因性だと盲信している精神医療の抜本的な是正を進められればと思っています。 おかしな部分があれば、しっかり国民全体で引導を渡しましょう。 皆さんもご自身で改善することで精神医療の妥当性、存在意義について考えて頂ければと思います。

0

あなたは医者でもカウンセラーでもないですよね? それなのに、なぜ「無駄」だと分かるのですか? その「無駄」と思ってしまっている事が、実は正常な精神じゃない証拠かもよ。

ID非公開

質問者2021/4/14 12:08

ちゃんと相談したりしても主治医は勝手に自分の気持ち決めつけるのでうんざりしてます。通院することを自分は望んでいないのに行っても時間とお金の無駄だと思いました。(すみません、語彙力ないです)

0

現在の心療内科の受診は色々あって役に立たず、金の無駄と感じられているんですね。 多分色々感じられているところがあるのだと思います。 一般的に言われる事では、全然自分の気持ちや考えを理解してくれない・分かってくれない、話しても通り一遍の事しか言われない、あれこれ質問ばかりしてきてうざい、うんうん聞いているだけで何の方向性も示してくれない、などなど。 この中に質問者さまの思われている事があるか分かりませんが、思われるところから「無駄!」と感じられているのだと思います。 質問者さまが書かれているように、自身から望んで心療内科へ行かれたと言う事は「行きたいと思われた理由」がおありなのだと思います。 ですが、「色々あって…」思ったほど効果が望めないとの事だと思います。 上記までが一応思われている事と一致しているところがあるのであれば、質問者さまの現状としては「心療内科を受診したい理由があり、したいと思っているが、色々あって…心療内科受診の継続を止めたい」と言ったところでしょうか? もしそうであれば、可能性としては「今の心療内科が質問者さまに合っていない」のかもしれません。 誰にでも合う合わないはどうしてもあるので、それは仕方ない事です。 折角望んで心療内科へ行かれたのであれば、質問者さまには心療内科と言うかカウンセリングと言うか、そう言ったものが必要だと認識はあるかもしれません。 改善を望まれているのであれば、「合う心療内科」や「合う先生」、「合うカウンセラー」を見つけるように動かれてみてはいかがでしょうか? 心療内科と一言で言っても、他にもたくさんあります、きっと質問者さまに合う方がいると思います。(※今回は残念ながら合わなかったのでしょう) ですので、十把一絡げにせずに「他」へ救いを求めてみてはいかがでしょうか? 親御さんも改善を望んでいるから次の予約を入れられているのだと思います。でも、合う合わないは質問者様自身が決める事ですので、親御さんには分かりません、でも改善を期待している。 となれば、提案として言えるのは、 ①次は今の予約で、今の心療内科へ行ってみる ②今の心療内科で、本心をぶちまけてみる (自分が今どう思っているのか、改善が見込めないと思っている、無駄だと思っている、もう来たくないと思っている などなど) ③それで心療内科側に改善が見られれば続けてみる。でも心療内科側に改善が見られないと思った場合は ④親御さんに質問者さまの想いをお話して、合わないから次の予約はいれないで別の心療内科へ変えたいとお伝えする と言うのはいかがでしょうか。 親御さんの気持ちであれば、心療内科への通院は続けて貰える、でも今のところが合わないのであれば、変えるのは仕方ないことだし合う合わないはあるからなぁ…となると思います。 親御さんからしたら、例え診療所が変わっても継続して貰えるのであれば…となりますから。 あくまで1つの提案です。 合う人が見つかって、気持ちが楽になるとよいですね。 (もし、検討違いな解答だったらごめんなさい)