ID非公開

2021/4/14 22:08

33回答

アンモニア、亜硝酸はどちらも毒性がありますが、アンモニアが10とすると亜硝酸はどのぐらい危険なのですか?

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

淡水と海水では少し差があります。 アンモニアは酸性の水の中では、アンモニウムとして存在し、毒性はそれほど高く無いからです。金魚や鯉など、淡水の水質は酸性の事が多く、これらの魚が汚れた水に強い理由になっています。反対に海水ではアルカリ性の場合が多く、アンモニウムはアンモニアに変化し、毒性を強く発揮します。 海水魚が淡水魚より難しいと言われる由縁の一つはこれにあります。 水質が酸性の場合は同じぐらい、アルカリ性の場合は数倍だという事だと思います。