回答受付が終了しました

ID非公開

2021/4/15 1:41

77回答

留学と海外就職について詳しく教えて欲しいです。

回答(7件)

0

アメリカを例にしますが、自国民ファースト政策により、外国籍を雇うと税金が高くなりますから、よほど貴方が農科学、畜産、獣医師等の専門知識や資格を持っていないと雇いません。 学生は3年毎のビザで退学すると即時退去になります。 学生の労働は基本的にできません。 農家の就業許可書があれば労働ビザ申請に至りますが、農家さんが高い税金を支払ってまでも貴方を雇うかどうか。

0

北欧の税金が高いのは知っていますか? たとえ給料が高くても税金を払った後は日本の方が良いと感じるでしょう。 北欧は日本とは違がった農業・畜農でしょう。 とにかく冬が長くて日照時間が短くなるので初めての冬は非常に辛いでしょうね。 夏は暑くないから過ごしやすいけど日照時間が非常に長いから寝られないかも?? 自然環境が比較的平均化している日本から行くと体が混乱するかも? まず働くには就労Visaが必要ですのでこのVisaの条件を自分で調べること!! 通常学部卒業が最低条件です。 学部を出ていない場合は職務実績・評価が非常に高ければ学部卒に匹敵すると判断されることもあります。 ワーホリはホリデイですから就労Visaでは実績として認めないでしょう。 語学学校は単に自分の語学力を高めるためであるのでイミグレは重視せず。 ただし、Visa条件に語学力テスト結果を要求している場合指定のポイント以上の結果を出した証明が必要ですので語学学校に行ってポイントを高める人もいます。 永住は現地での税金などをきちんと払って指定された期間を過ぎてから初めて申請する資格が出ます。 申請できる人の条件もあるので長くいれば誰でも永住できるということでは無いですよ。 アイスランドの場合、ドイツ語もできた方が良いです。 英語だけで何でも済ませられるのは旅行者と短期滞在者。 最終的にはアイスランド語もできるようになるかと。 北海道の北部で厳しい冬の生活に耐えられれば北欧でも楽しめるかと。 日本と違い小さな国ですから都市と言ってもこじんまりしています。 ちょっと都市部を離れると広大な自然が、大きな規模の農家はあまりないですから南米やアメリカ・OZのような大規模農業のように人手があまり必要でもない。

1

>海外で就職したい場合、海外の大学に通うか語学学校に通うかどちらが良いですか?? もちろん大学ですよ。語学学校は学歴にならない「お稽古」です。 就労ビザでの海外就職に大卒以上の学歴は必須ですから(特殊な技術職を除く)。 >大学の場合、卒業するまでいれるんですか? (長期留学希望、日本の大学には行かない) きちんと講義に出席して規定以上の成績を修めていれば、卒業まで滞在できます。 国によっては、成績が悪いと帰国命令が出ます。 >したい仕事は農業、畜産業系です。農園を開くのではなく雇ってもらう側です。 畜産系の英語圏なら、カナダかオセアニアになりますね。 アメリカとイギリスは、農学部の博士号くらいを取得しなければ現地就職が非常に難しいです。 就労ビザには大学の専攻が重要な要件になるので、現地の大学の農学部や獣医学部へ進学してください。 >留学中に雇ってもらえるところを探して、もし働いても良いよと言われればビザを発行してくれて、ずっと働きながら永住できるんですか?? 大学を卒業すると、1~3年の研修ビザが貰える国が多いです。 大学在学中に農園や畜産系の会社でインターンをし、働きを認めて貰って、卒業後の就労ビザの保証人になって雇って貰えば、永住権取得に繋げることが可能です。 カナダやオセアニアなら、ワーキングホリデービザも利用できます。 就労ビザや永住権の要件は国によって異なるので、事前にしっかり調査して、大学時代から適切に行動してください。 >1年大学or語学学校→帰国しお金貯める→ワーホリでまた1年大学or語学学校→就職先を見つけ永住という流れは難しいですか?? 語学学校やワーホリでは、現地人と結婚しない限り、無理ですよ。 高卒+語学学校の低学歴の外国人を、わざわざ就労ビザの保証人になって雇う必然性がありません。職にあぶれている現地人を雇えばいいのですから。 雇用による就労ビザや永住権の手続きには、雇用先にも費用や手間が発生します。就労ビザが必要な外国人が雇って貰うには、現地人よりも優れた学歴や職能でアピールするしかないのです。 だから、必ず大学を卒業してください。 ただし、英語圏の先進国の大学は年間300~600万円x4~6年の留学費用が必要です。奨学金は殆どありませんし、バイトは週20~25時間までと限定されています。 まず、親御さんと留学費用について相談してください。 高卒で闇雲に語学学校やワーホリに行ったところで、結婚以外で永住できる可能性は殆どないです。 海外は学歴を重視する社会ですから、日本の大学で農学部を出てカナダやオセアニアの大学院へ留学すると永住できるチャンスが増えます。 たとえば、獣医は海外では社会的地位と給料が高いので、永住できる可能性が非常に高くなります。 よって、日本の獣医学部へ進学するのが最善の道でしょう。 がんばってください。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/4/15 13:00

ありがとうございます。 先ほど調べて知ったのですが、ファームステイの場合、就職(永住、就労ビザ)はしやすくなりますか??

0

こういう話は「国」が違えばまったく違ってきますよ。何故なら、ビザや労働許可、居住許可などという制度は国によって大きく違うからです。 以下は私が住んでいるオーストラリアの事情です。途中まではどの国だって事情は同じです。 1.海外で就職したい場合、海外の大学に通うか語学学校に通うかどちらが良いか悪いかの問題ではなく、大学以外の道はありません。語学学校は専門教育を受けず、オーストラリアなら英語だけしか教えない。日本の大学を卒業せずにくれば1年語学学校に通ったところで、こちらでYear10(日本の高校1年、ここまで義務教育)で学校を終えた子と比べてすら遙かに劣ります。 2.大学の場合、卒業するまでいれるんですか? 日本の大学には行かず、オーストラリアの大学に入学するのなら、学費を支払え、まともな成績を取っていれば当然卒業まで在学できます。 3.留学中に雇ってもらえるところを探して、もし働いても良いよと言われればビザを発行してくれて、ずっと働きながら永住できるんですか?? オーストラリアはできます。農業、畜産業はこの国にとって超重要産業です。永住できる職種がたくさんあります。例えば私が住んでいる南オーストラリア州の州立大学で農業に関係するコースを選んで卒業すると、まず無条件で働ける2年のビザが貰えます。そこで認められればその次のビザのスポンサーになってもらえ、最終的には永住できますよ。 4.・1年大学or語学学校→帰国しお金貯める→ワーホリでまた1年大学or語学学校→就職先を見つけ永住 オーストラリアでは難しくありません。不可能です。論外。

この返信は削除されました

0

>海外で就職したい場合、海外の大学に通うか語学学校に通うかどちらが良いですか?? 大学の場合、卒業するまでいれるんですか?それとも途中で帰国しないといけないですか?? 海外で就職したい場合、国によって多少の違いはありますが多くの国では大学院卒以上でないと就労ビザを取るのはかなり難しいです。農業や畜産関係の仕事に就きたいなら、海外の大学院で農学を専攻すればいいでしょう。大学は日本でも大丈夫です。 普通は大学を卒業できるまで学生ビザがもらえますから卒業まで居られます。ただし、出席率が悪かったり、一定以上の成績をキープできないと退学、強制送還になります。海外の大学を卒業するのに、4年では終わらなくて5年以上かかるケースも多いです。また、費用面は大丈夫ですか?海外の大学は卒業までに1500~2500万円くらい掛かります。 ワーホリでいいなら、各国で1年ずつ農場で働くという手もあるでしょう。でも30歳までですし、帰国後はどうしますか?

ID非公開

質問者2021/4/15 10:46

ありがとうございます。 母子家庭ってのもあり、経済的に語学学校しか行けないんです… アイスランドら辺の北欧の国に行きたいですが、語学学校通ってるだけの日本人を雇ってくれる農家さんは居るんでしょうか?? 留学の間、ワーホリの間に雇ってくれる(ビザを発行してくれる)農家さんに出会えたら良いなと思っているのですが、難しいんでしょうか?? 日本で調べるのは限界がありますし、現地の人(ホームステイ先の人ら)に聞くのが一番早いし正確な情報なのでと思ってます。