JAL123便事件で自衛隊がミサイルで撃墜したという事は、普通の方では信じられない事なんでしょうか?

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

理解できました。9人の回答者様ありがとうございます。気をつけます。すいませんでした。

お礼日時:4/16 17:44

その他の回答(8件)

1

普通って言うか、常識がある人間なら信じない。

1人がナイス!しています

1

戦闘機の、機関砲でも垂直尾翼くらい吹き飛びますよ、ミサイルが当たったら木っ端微塵でしょう。あの本を書いた元CAは操縦、航空工学、軍事等素人です。だいたい民間航路で演習すると思いますか

1人がナイス!しています

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

北朝鮮のテポドンに撃墜されました 金日成マンセー

1

「普通の人」にはいろんな人がいます。 そのような陰謀論を信じている人もそうでない人も「普通の人」です。

1人がナイス!しています

2

ミサイルによる撃墜事件は、多く発生しています。これらのデータと比べたら、123便がミサイルで撃墜されたとは、到底考えられません。 他のミサイルによる撃墜事件の場合、ターゲットになった民間機は即墜落しています。民間機はミサイル防御の装備が全くないので、即墜落するのは当然です。ですが、123便は衝撃音の後、20分以上も飛行しています。 ミサイルの爆発時に破片が無数に飛散しますが、無数の穴が空いた部品が見つかっています。これが、ミサイル爆発があった証拠となります。123便の場合は、圧力角壁にも、尾翼の一部にも、このような無数の穴はありません。 少し詳しい人が調べると、爆発物の主成分が窒化酸化物である事や、ミサイルにはTNTが使われる事を知っています。FBIや事故調査委員会が調べたところ123便の墜落現場や相模湾の尾翼の一部からは、爆発物の成分は検出されていません。青山透子氏が遺品の空気成分を検査しても、爆発物の成分は検出されませんでした。タイヤや配線皮膜の成分(硫黄、ベンゼン環)などが検出されています。 伊豆半島の目撃者が、123便の不規則なエンジン音は聞いているが、爆発音は聞いていない。生存者の鼓膜が破れていない。など、ミサイル説を否定する証拠は多くあります。

2人がナイス!しています