ID非公開

2021/4/16 1:45

88回答

地下駐車場の二酸化炭素消火設備で事故が起こりましたが、なぜ二酸化炭素を使ってるんでしょうか?

交通事故442閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます、よく分かりました。 二酸化炭素を使うのには結構大きい理由があったんですね。

お礼日時:4/17 3:40

その他の回答(7件)

1

消火については二酸化炭素に固執する必要はないですね。 窒素とか、泡とか、他のものでも良いです。 でも、自分の車が設置されている駐車場なら、それも今回の事故のように機械式の駐車場(自分が中まで入っていくことが無いタイプの駐車場)なら、泡はちょっとイヤじゃないですか? 誤操作で間違って泡が出たら自分の車がダメになります。駐車場の方もターンテーブルのような機械が壊れるかもしれません。 二酸化炭素よりは人体にマシな窒素のようなガスもありますが、二酸化炭素ほど常温で高圧縮なお手頃なガスはないと思います。ボンベが大きくなってボンベの数もたくさん必要で、つまりお金がたくさん掛かるようになるでしょう。 質問者さんが機械式の駐車場の管理者や普通の利用者だとして、誤放射しても点検や改修工事をするわけではない自分には害がないとわかっている場所に、車がダメになるかもしれない泡消火設備や、安全だけど設置も維持管理費も高くなるガスの設備をわざわざ付けますか?

1人がナイス!しています

1

船なんかは全部積んでる。例えば油、消えない。酸素をシャットダウンすると鎮火は早い。死亡事故のリスクは高くなる。昔、操作を誤って50人亡くなったとの話しはある。

1人がナイス!しています

うちの会社に大気中から窒素だけを集める機械があります。バカみたいに高い。

1

一般的消化設備に関しては、水、泡、二酸化炭素があります。 地下駐車場という場では、後の処理問題含め二酸化炭素を使用している事が多々あります。

1人がナイス!しています