回答受付が終了しました

特別支給の老齢厚生年金を貰うと65歳からの年金が減額になると勘違いしてました。

年金1,002閲覧

1人が共感しています

回答(4件)

0

S30年度の生まれの男性は、61歳の誕生日から特別支給の 厚生年金を受け取れます。 まだ4年しか経っていないので、一括請求しましょう。 >かなり減額される可能性ありだと思うのですが ただ、当時現役で働いているなら、その当時の給与が 月収27万とか28万以上有ると、支給停止になります。 結果的に1円も支給されない可能性はありますね。 65歳になれば、月収47万以上で支給停止です。

コメント有り難う御座います。さっそく早朝、年金事務所に連絡を取りました。 封書を送って貰い手続き出来るそうです。ただお話を聞けば聞く程…捨ててしまうよりは と言う形になりそうです。 有り難う御座いました。

1

「特別支給の老齢厚生年金」は、65歳になるまでの特別な年金です。 もらう手続きをしなければただ捨てるだけです。65歳からもらう年金に影響はまったくありません。5年以内に請求すれば、さかのぼってもらえます。今から、年金事務所に相談してください。 ★ただし、働いていて、高額の収入があると「特別支給の老齢厚生年金」の支給額は減額されます。 月28万円(年収+年金が年間336万円)以上だとオーバーした額の半額が減額されます。例えば、年収400万円くらいだとかなり減額されます。それでも、捨ててしまうよりはいいです。

1人がナイス!しています

早々とコメント有り難う御座います。おっしゃる通り捨ててしまうよりは良いと思います。有り難う御座いました。 早速問い合わせてみます。 有り難う御座いました。

0

可能です。なお、5年で時効になります。

コメント有り難う御座います。主人に説明しようとしたのですが上手につたわりませんでした。本当に65歳からの年金減額はないのでしょうか。 今から年金事務所と何処に問い合わせればよいのでしょう?

0

年金には5年の時効があり、 5年を過ぎて請求した場合に遡って受け取れるのは5年分までです。 年齢からすると62歳支給開始なので時効にはならないですね。 お仕事をしていたとなると減額されるかもわかりませんが、 年金事務所にまずは相談して手続きを開始しましょう。

早々とコメント有り難うございます。今からだとかなりめんどくさいことになるって載ってましたが働いてる会社から過去のデータとりよせるとか多額な税金が発生するでしょうか。 計算によっては0ありでしょうか。