新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

相談させてください。 令和元年4から国民健康保険に加入しておりました。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

確かに元夫は支払わないでしょうという言葉に納得しました。みなさんのお応え通り弁護士費用の方が高くつくみたいですね。 労力も、費用もかける意味はないですね。。 自分で支払う手段を考えます。 ありがとうございました。

お礼日時:4/16 18:54

その他の回答(2件)

1

弁護士も司法書士も関係のない話です。 どちらも、払うべきものを払わさなくてもいいようにする職業ではありません。 弁護士を使って減額交渉する事は可能でしょうが、減額の保証は無いし、弁護士費用が50万で済むでしょうかね。 ただ働きしてくれるのを期待するは無理ですよ。 そもそも、食う困ってる弁護士くらいしか引き受けないと思いますがね。 払わない方法しか無いのでは?

1人がナイス!しています

払う気はあります。減額をしようとしているわけではなく、 元夫に半額でも請求するなら弁護士を通した方が話が進みやすいのか、費用を考えたら辞めるのが最善かという質問したつもりでした。わかりづらく申し訳ありません。 他の方のお話通り費用の方がかかりそうなので自分が支払う手段を考えます。 ありがとうございました。

0

ID非公開

2021/4/16 13:43

払うしかないですね。国保は世帯連帯責任です。 国保法76条 弁護士や司法書士にお願いするものではなく、自ら手続きします。